伊波普猷全集』全11巻(1974~76・平凡社)○沖縄学の父〉と言われる著者の、唯一最高の全集。古琉球の政治、琉球戯曲集、をなり神の島、日本文化の南漸、琉球語便覧等を収録。琉球の風が吹くいま、いよいよその価値は高い。加えて 麦門冬・末吉安恭との交流も示される。

第1巻: 古琉球 古琉球の政治  第2巻: 南島史考 : 琉球を中心としたる 孤島苦の琉球史  沖縄歴史物語 : 日本の縮図
第3巻: 校註琉球戯曲集  第4巻: 南島方言史攷 沖縄考  第5巻: をなり神の島 日本文化の南漸
第6巻: 琉球聖典おもろさうし選釈 : オモロに現はれたる古琉球の文化 校訂おもろさうし おもろ覚書 : 琉球古代社会の片影 おもろ論考
第7巻: 琉球人種論 琉球史の趨勢 琉球の五偉人 沖縄女性史 琉球古今記 琉球風俗史考
第8巻: 琉球戯曲辞典 琉球語便覧 言語論考
第9巻: 文学論考 民俗論考
第10巻: 図版(自作おもろ「飛行機」)嗚呼末吉(安恭)君! 眞境名(安興)君の思出 「ぺルリ提督琉球訪問記」序
第11巻: 琉球語大辞典 : 草稿 大辞典 年譜 著作目録 総索引 


南方熊楠(1867~1941)は明治、大正、昭和の3代にわたり、終生、野にあって人文・自然両分野の学の蘊奥をきわめた知的巨人である。和漢洋の古典に博通していた彼は、粘菌研究のかたわら、数百編の論文を発表、草創期の日本民俗学を先導した。本全集は雑誌掲載論文をすべて収録、さらに膨大な書簡、英文著述、未発表手稿など邦文論考約1,000編、英文論考約300編を集大成し、柳田国男が「日本人の可能性の極限」と讃えた巨人の全貌を明らかにする。随筆には 琉球在住の麦門冬・末吉安恭との交流も示される。

南方熊楠全集 全 12 巻 平凡社 1971~1975 年 ○ 第1巻 十二支考[雑誌『太陽』(博文館)1914~1923] 第2巻 南方閑話[坂本書店 1926]南方随筆[岡書院 1926]続南方随筆[岡書院 1926]*南方の著書の うち生前に刊行されたのはこの3冊のみである。 第3巻=雑誌論考Ⅰ[『東洋学芸雑誌』ほか雑誌 20 誌に掲載された論考] 第4巻=雑誌論考Ⅱ[『彗星』ほか雑誌 12 誌に掲載された論考] 第5巻=雑誌論考Ⅲ[『ドルメン』ほか雑誌7誌に掲載された論考] 第6巻=新聞随筆[『牟婁新報』ほか8紙の新聞及び『週刊朝日』に掲載された随筆と、未発表の随筆を収録] 第7巻=書簡Ⅰ[主として明治時代のもの。在米時代・神社合祀問題関係他] 第8巻=書簡Ⅱ[柳田国男、高木敏雄、その他民俗学関係の人々に宛てた書簡] 第9巻=書簡Ⅲ[第7・8巻収録以外の多方面に及ぶ書簡] 第 10 巻=英文論考・英訳方丈記・初期文集他 A Japanese Thoreau of twelfth century(英訳『方 丈記』) [ 『英国王立アジア協会雑誌』(1905)掲載 文末に鴨長明に関する2つの註釈あり。ロンドン大学総 長ディキンズとの共訳] The constellations of the far east(極東の星座) [ 『Nature』 (1893)掲 載] Footprints of Gods(神跡考) [『Notes and Queries』 (1900)掲載]他 別巻1=書簡補遺・論考補遺 The origin of the swallow-stone myth(英文『燕石考』) [草稿 1899? ~1903]他、補遺 別巻2=日記・年譜・著述目録・総索引

平凡社の歴史ー1914 下中弥三郎が自著の小百科事典「や、此は便利だ」の販売のため創立。
1927 「現代大衆文学全集」60巻の刊行開始。円本時代を築く。1928 「大百科事典」全28巻刊行を発表(1934年完結)。名実ともに「事典の平凡社」となる。
1945 戦時中の休業状態から再出発。「大百科事典」復刻、「社会科事典」「家庭科事典」「世界美術全集」「世界歴史事典」「児童百科事典」など刊行。
1954 創業40周年記念として「世界大百科事典」全32巻刊行を発表(1959年完結)。1961 「国民百科事典」刊行開始。空前の百科事典ブーム。1963 日本初の本格的グラフィック月刊誌「太陽」創刊。
null
1964年11月ー平凡社『世界大百科事典』明石染人「沖縄ー工芸」
1969 初のオールカラー事典「アポロ百科事典」刊行。1972 「別冊 太陽」創刊。ムックの先駆けとなる。
1973~ 「南方熊楠全集」「中国の歴史」「中国石窟」シリーズ、「日本の野生植物」、新版「大百科事典」「世界大博物図鑑」「動物大百科」、「日本歴史地名大系」(刊行中)、「日本史大事典」など刊行。1993 文庫「平凡社ライブラリー」創刊。1997 デジタル百科「CD-ROM版 マルチメディア・マイペディア」発売。
1998 「CD-ROM版 世界大百科事典プロフェッショナル版」発売。「日本動物大百科」全11巻が完結。1999 「平凡社新書」創刊。
2001 「日本の野生植物」全7巻、「白川静著作集」全12巻が完結。2004 「日本歴史地名大系」本巻48巻が完結。白川静「新訂 字統」刊行。2007 改訂新版 世界大百科事典 刊行。

1928年 世界美術全集 平凡社 全 36冊




『ブリタニカ国際大百科事典』(ティビーエス・ブリタニカ1974年12月)の「百科事典」□初期の百科事典ーギリシャ・ローマ時代 初期キリスト教時代 ビザンチン圏 イスラム圏 中世後期とルネサンス期/近代・現代の百科事典ー十七世紀 十八世紀 フランス百科全書派 十九世紀 二十世紀/エンサイクロペディア・ブリタニカー草創期 第二期台1版とその補遺 第一四版 継続的改訂 第一五版/中国/日本ー古代~江戸時代 明治時代~現代


2001年5月ーウィキペディア日本語版発足。→ジミー・ウェールズとは、オンライン・フリー百科事典「ウィキペディア」の創始者として知られる経営者である。1966年8月7日、アメリカのアラバマ州ハントヴィル生まれ。現在、ウィキメディア財団の理事長を務めている。大学卒業後、ジミー・ウェールズはシカゴで先物オプション取引を行う企業シカゴ・オプションズ・アソシエーションに勤務していたが、1990年代半ばに独立してボーミス(Bomis)社を設立、ポータルサイトBomis.comの運営を開始した。ボーミスを運営するかたわらで、ジミー・ウェールズは「インターネット上でフリーな百科事典を提供する」という着想を得て、その構想をオンライン百科事典プロジェクト「ヌーペディア」(Nupedia)として結実させた。

□2005年4月30-東大阪の自宅で重たい冨山房の『日本家庭大百科事彙』(1927年12月)を見る。序文に下田次郎が「飛行機は一時間に数百哩を飛び、ラヂオは同時に数十万の家庭に音信を伝へ、印刷機は一分時に数千枚の新聞紙を刷り出し、写真は即座に数千哩外に電送される(略)文化国民として一般に用意されるべきは他方面の知識である。そしてその他方面の知識を便利に供給するものは、即ち百科事彙である」と書いている。アイヌを原始的な一種属と説明され、蟻の生態の図、貝類の図、徳川家康の図がある。官幣社の写真には沖縄の波上宮もある。育児、衣服、玩具、家庭電化、髪形は詳しく解説されている。また、西洋絵画の図版にはミケランジェロの天井画、ダビンチのモナリザ、ミレーの落穂ひろいが載っている。人相の解説は安元實発である。

5月1日 大阪市立中央図書館で自宅に欠けている月刊『みんぱく』第一号などを見にいく。1988年7月の『みんぱく』には梅棹忠夫館長と奥野卓司の対談に、奥野氏が「1970年代にアメリカではパソコンと言えば反体制文化と結びついていたね、ドロップアウトしたままになった人達もたくさんいる」と述べている。これを考えるに、反体制は自由や解放への道であると同時に逃避や閉塞の道でもある。2003年11月号『みんぱく』のギャラリートーク「『あじまぁ』がうんだ歴史と文化-久場政彦学芸員にうかがう」が載っている。5月2日 自宅で去年上六の天地で買った『沖縄アーカイブス写真』(生活情報センター)を見る。関連して、沖縄タイムス出版部が編集し琉球銀行が発行した『あんやたん-沖縄、写真が語る50年』(1995年9月)、『時の謡人の譜・街の紋-山田實写真50年』(2003年1月)を見る。平凡社の1963年3月の『月刊百科』は「『PR誌』-機能・沿革と現状」、1968年3月の『月刊百科』には勝連哲治「沖縄の経済」が載っている。1970年から日本メール・オーダー社から出はじめた『アルファ大世界百科』と、1972年版の平凡社『世界大百科事典』が手元にある。南方熊楠や末吉麦門冬を単に博覧強記の人として片付ける嫌いがあるが、今はネットの時代である。熊楠や麦門冬が人を喜ばせるために書いた情熱はネット空間でますます輝いている。

2012 「ブリタニカ百科事典」が、現行の2010年度版を持って244年続いた書籍版の刊行をに幕を下ろすことを発表。ブリタニカのほか、アメリカを代表する「アメリカーナ百科事典」も2007年の改訂以来、書籍版の刊行を中断中。 日本で唯一の総合大百科事典は、書籍の形態で百科事典を刊行し続けている、「平凡社 改訂新版 世界大百科事典」だけとなりました。