右、久部良和子さん、新城良一氏


1993年11月『一誠堂書店九十周年記念 古典籍善本展示即売会目録』


1986年9月 出口保夫『イギリス文芸出版史』研究社出版/2006年5月 内間直仁・野原三義『沖縄語辞典』研究社
〇1768年から1826年ー最初の時代(初版から第6版まで)ブリタニカはコリン・マックファーカー、アンドリュー・ベル、アーチボルド・コンスタブルら創始者によって出版された。ブリタニカは当初 Encyclopædia Britannica, or, A Dictionary of Arts and Sciences, compiled upon a New Plan として、1768年から1771年にかけてエディンバラで出版された。 チェンバーズのサイクロペディア(1728年初版)に影響を受けたドゥニ・ディドロとジャン・ル・ロン・ダランベールの百科全書(1751年から1772年発刊)に触発された面もあった。ブリタニカの出版は主にスコットランドを基盤としており、スコットランド啓蒙主義(英語版)の不朽の遺産である。この時代にブリタニカはある若い編集者、ウィリアム・スメリによって初版の3巻から、大勢の権威によって書き綴られた20巻へと変わった。→ウィキ
 ロンドンにあるジェフリーの家でシドニー・スミス(Sydney Smith)、ヘンリー・ブルーアム(Henry Brougham), フランシス・ホーナー(Francis Horner)らが集まった際にスミスが新しい文芸雑誌の発案をし、それがきっかけで1802年10月10日の『エディンバラ・レビュー』(Edinburgh Review )創刊に至った。 当初『エディンバラ・レビュー』には編集者がおらず、最初の3号はスミスの手によって編集がなされたが、彼がロンドンに発つ際に業務はジェフリーの手に委ねられ、1803年から1829年の間、上院での弁護士業務の傍らで当雑誌の編集者を一人で務めた(33号と34号、及び1813年から1814年のアメリカ滞在期間を除く。→ウィキ

1818年ー『エディンバラ・レビュー』フランシス・ジェフリー「書評『ホール艦長の琉球航海記』」


 パーシー・ビッシュ・シェリー Percy Bysshe Shelley (1792-1822) はイギリス・ロマンティシズムを代表する詩人である。シェリーはロマンティシズムの詩人たちはもとよりイギリス文学全体の伝統から見ても、社会的な関心を強く打ち出した異才であったといえる。

 映画「ローマの休日」真実の口の前で新城良一氏/同じくスペイン階段→現在はスペイン広場付近の地下鉄入り口付近に階段を上らずに上にいけるエレベーターが設置されている。また、保護のため広場での飲食は禁じられており、ローマの休日のシーンのようにジェラートを食べる事はできない。/スペイン階段のすぐ脇に、イギリスの詩人「キーツ」が暮らしたアパートがあります。バイロンも一時期居候していたという、その小さなアパートは、現在ではキーツ&バイロン記念館として公開されています。→上野真弓


リアルト橋 は、ヴェネツィアのカナル・グランデに架かる4つの橋の一つ。「白い巨象」とも呼ばれる。 この橋の周辺は海抜が比較的高く洪水の被害も少ないため、ヴェネツィアでは最も早くこの周りに集落ができ商業の中心地となった。最初は木製の跳ね橋で、銀行や商品取引所で賑わっていたため「富の橋」と呼ばれた。→ ウィキ

 400を超えるイタリアの国立美術館の中でも入館者数3位を誇るウフィツィ美術館。ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」や「春」、レオナルド・ダヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなどの三大巨匠の作品が展示されたルネサンスの栄光の歴史を物語る.。


 サン・マルコ広場はヴェネツィアの中心的な広場で、回廊のある建物に囲まれ、ドゥカーレ宮殿やサン・マルコ寺院などがある。ヴェネツィアの広場は方言でカンポと呼ばれるが、サン・マルコ広場は別格であり、ピアッツァと呼ばれる。世界で最も美しい広場とも言われており、観光名所のほか、海からの玄関口でもある。→ ウィキ


セザンヌ街道・セザンヌの記念碑ーサント・ビクトワール山を描くために、たまに昼食をとりにこの街に立ち寄ったセザンヌ。彼がなくなってから100年後に、この街はセザンヌへのお礼としてこの碑を作った。
エクス=アン=プロヴァンスまたはエクサンプロヴァンスは、フランスのブーシュ=デュ=ローヌ県の古都。略称はエクス。プロヴァンス伯爵領の首都として古くから繁栄し、現在は学術・芸術都市としてプロヴァンス地方の観光の拠点となっている。ウィキペディア


2016年 オペラ座/シテ島に聳える壮大なノートル・ダム大聖堂


2019-6-26 末吉安允氏と/良一氏の新車。急発進しない構造になっているという。

文庫/岩波文庫


『ウフィツィ美術館』公認ガイドと『研究社英文學叢書』/紀田順一郎『古書街を歩く』「文庫の森をさ迷って」/ボズウェル『サミュエル・ヂョンスン伝』(岩波文庫)→新城良一氏所蔵
 サミュエル・ジョンソンは、イングランドの文学者。「英語辞典」の編集で知られる。 18世紀英国において「文壇の大御所」と呼ばれた。親しげに「ジョンソン博士」と称される。その有名な警句から、しばしば「典型的なイギリス人」と呼ばれる。主著に『英語辞典』、『詩人列伝』、『シェイクスピア全集』など。 ウィキ
ジェイムズ・ボズウェルは、スコットランド出身の法律家、作家。伝記文学の傑作と評される『サミュエル・ジョンソン伝』の著者として知られる。ボズウェルが遺した日記も日記文学として評価されている。 ウィキ

文庫/岩波文庫




2000年3月 外間守善・校注『おもろさうし』
2000年12月 伊波普猷・著/外間守善校訂『古琉球』


岩波文庫(いわなみぶんこ)は、株式会社岩波書店が発行している文庫レーベル。1927年(昭和2年)7月10日創刊。ドイツのレクラム文庫を模範とし、古典的価値を持つ書物を刊行する。最初の刊行作品は『新訓万葉集』などである。→ウィキペディア