1912年2月ー太平洋画会の石川寅治、中川八郎、吉田博と丹青協会

1912年2月15日 沖縄県庁倹徳館で太平洋画会・石川寅治、吉田博、中川八郎の「琉球写生画展覧会」油絵60余点、水彩画20数点 

中川八郎 なかがわ-はちろう
1877-1922 明治-大正時代の洋画家。
明治10年12月2日生まれ。松原三五郎,小山正太郎にまなぶ。風景画を得意とし,文展と帝展の審査員をつとめた。明治34年太平洋画会の創立に参加。大正11年8月3日死去。46歳。愛媛県出身。作品に「北国の冬」「高原の花」「夏の朝」など。 →コトバンク


中川八郎「琉球の刳船」

中川八郎「琉球の山原船」
null
1912年3月『みづゑ』86号 中川八郎「沖縄土産」

吉田博 よしだ-ひろし
1876-1950 明治-昭和時代の洋画家,版画家。
明治9年9月19日生まれ。田村宗立(そうりゅう)に師事,のち小山正太郎の不同舎にまなぶ。明治32年中川八郎と渡米,翌年パリへわたる。34年帰国して中川らと太平洋画会を創立し,文展,帝展で活躍,山岳や渓谷の風景画で知られる。大正9年から木版画を制作。戦後,太平洋画会会長。昭和25年4月5日死去。73歳。福岡県出身。旧姓は上田。 →コトバンク


吉田博「崇元寺前」

吉田博「泉崎橋」

吉田博「糸満町市場」

吉田博「首里の市場」

吉田博「糸満町の刳船」

吉田博「雪崎から波上宮」



 1914年1月 横山健堂『薩摩と琉球』吉田博「琉球写生旅行」□那覇から約1里、旧都の首里がある。首里には今も王城が存してる。段々に高くなった、其の頂上に構へられてある。王城の建築は進歩したものでもない。彫刻にも大した物はない。内地では見ぬ形の龍の首、琉球によくある内地のコマ犬みた様な獅子、此等は彫刻としての眞の意味ではないが、珍しい変わって居るといふ意味で面白く感ずるのがある。殊に、此の王城を今では学校などに使ってる為、是を以て琉球に来た興味の中心とは思はれぬ。(略)35里離れた面白い処では、普天間の岩窟、中城の城跡、与那原、知念、金城、真玉橋、糸満、波上神社、雪ケ崎、泊、崇元寺、平村等がある。知念はハブの名産地で、糸満は趣味多き漁師町である。・・・


吉田博「榕樹のかげの市」

吉田博「旧式の琉球製糖法」


吉田博「琉球の墓」


吉田博の墓(島袋和幸 撮影)
1939(昭和14)年10月9日ー吉井小三郎(41歳)来沖
吉井小三郎
1899年、明治生まれ。帝展審査員、中川八郎に師事。大正11年、渡欧。パブロ・ピカソに師事。サロン・ドートンヌ入選。サロン・ド・プランタン入選。帝展、文展に入選。出品作品「湖畔」 は、バルビゾン風の作風。