2019年5月 後田多敦(神奈川大学准教授)『救国と真世ー琉球・沖縄・海邦の史志』(株)Ryukyu企画(琉球館)☎098-943-6945 FAX:098-943-6947

上記の著に後田多氏が2013年に『うるまネシア』16号に載せた「幸地朝常(向徳宏)の『帰郷』の意味」、2012年『地域研フォーラム』29号の「全国版『人事興信録』のなかの幸地朝瑞」も収録されているので関連/新城栄徳「尚家と幸地家の関係図」/1980NENN0月 崎原貢『がじまるの集い 沖縄系ハワイ移民先達の話集』「幸地朝則」/2001年11月8日『沖縄タイムス』「脱清人の位はい ハワイに」/2005年10月『現代の理論』後田多敦「沖縄自立・独立派の源流ー十九世紀後期の『黒党』の思想と行動」/2005年1月『うるまネシア』6号 新城栄徳「『脱清人』群像」



2019年5月『月刊琉球』№66 後田多敦「百四十年を耐えた『堅忍因循の気質の土人』」/當間文信「農業の現場からー私の『ドラバタ』はホップ・ステップ・ジャンプ㊤」/しもじけいこ「宮古IN-バブル狂騒曲~住民の暮らし破壊?~」/与那嶺功「沖縄振興ー『明治維新150年』を問う 大東亜・植民政策・ナショナリズム⑩」

 沖縄文化の杜発足に尽力した後田多敦さんが出版舎Muɡen(〒900-0013那覇市牧志1-4-31-2F 電話&fax 098-863-2562)から『琉球の国家祭祀制度ーその変容・解体過程』を刊行した。私は今、ブームというか年中行事的な薩摩侵攻や、琉球処分の話は食傷気味であったので、そういうものとは違う切り口で論を展開しているところに新鮮さがあって読んで違和感がない。
 本書は、琉球国の各所で行われていた祭祀は、琉球社会の共同空間・世界をつくりあげるものだ。家、村落、地域、そして、国。次元は異なっても、祭祀の担い手や場所、おたかべなどをたどれば、祭祀が琉球社会を結びつける紐帯の役割を果たしていたことが分かる。いいかえれば、国家祭祀は琉球社会の一つの時空として結びつける重要な要素であった。(略)琉球国祭祀は過去に確かに存在していた。そして、その記憶がまだ沖縄社会に生きている、とする。これは文学、美術の世界にも当てはまる。


2016年7月 後田多敦『「海邦小国」をめざして「史軸」批評による沖縄「現在史」』出版舎Ⅿugen(〒900-0013 那覇市牧志1-4-31-2F ☎FAX:098-863-2562)

まえがき 「海邦小国」の記憶と現在
 第1章  「海邦小国」をめざして
第2章  「海邦小国」思想の源流
第3章 「海邦小国」を拒むもの 批判論集
     小説「テンペスト」の比喩と歴史像 歴史修正主義批判
     沖縄の批評における「史軸」の重要性 ヤマトに立脚する内外の言説批判
     沖縄とヤマトの歴史は「真逆」である 「冊封儀礼」再現に関する新聞投稿への批判
     「ミスリード」の仕掛け 森宣雄氏の仲井眞知事擁護論批判
     沖縄の歴史文化を否定する動き 二つの住民訴訟の持つ意味
     問われる沖縄の主体性 沖縄の主権を簒奪するヤマトとそれに迎合する沖縄人批判
     「差別」「植民地」をめぐる沖縄知識人の言説 高良倉吉氏批判
第4章 「海邦小国」をめぐる諸相
      (1)沖縄「現在史」
      (2)沖縄人の生きざま

2013年12月27日『琉球新報』「関係者によると、仲井真知事が(辺野古埋め立て)承認を表明する27日の記者会見の発表文や想定問答は、高良倉吉副知事を中心にまとめられている。」
2013/04/28 -アベ 政権は、サンフランシスコ講和条約が発効した1952年4月28日を「主権回復の日」と位置づけ式典を開いた。県民にとって「屈辱の日」とされる4・28に「主権回復」の式典を開くことは「再び沖縄切り捨てを行うものだ」と、県民は怒っているが、仲井眞県政は、その式典に副知事を送り込んだ。○「差別」「植民地」をめぐる沖縄知識人の言説 高良倉吉氏批判)ー副知事だった高良氏は、仲井眞沖縄県知事の名代として式典に参加している。(略)この場の体験は高良氏にとって「差別」を「思い知る場面」ではなかったようだ。氏が歴史家であることを考えれば、これは衝撃的な告白である。/「ミスリード」の仕掛け 森宣雄氏の仲井眞知事擁護論批判(2016年7月 後田多敦『「海邦小国」をめざして「史軸」批評による沖縄「現在史」』出版舎Ⅿugen

2005年12月『うるまネシア』第7号□後田多敦「記憶の風景を訪ねて(1)ー鄭迵謝那親方利山顕彰碑ー」
      
鄭迵・謝名親方利山顕彰碑 と神坂次郎氏○鄭氏の門中(一族)によって1983年3月に建てられた顕彰碑が元の久米村に近い那覇市若狭の旭ヶ丘公園にある。


写真左から後田多敦さん、出版社社長、神坂次郎氏、新城栄徳


山之口泉さんと後田多敦氏

 今はネット時代である。国家公務員などの経歴は検索すればすぐ分かる。□沖縄県警本部長の村田隆(むらた・たかし)は東大卒。1984年警察庁。警視庁第1方面本部長、警察庁国際テロリズム対策課長などを経て、2009年10月から大阪府警刑事部長。50歳。福岡県出身とある。沖縄県警本部長になったのは警察庁国際テロリズム対策課長の経歴が買われたかも知れない。□松井一郎は、競艇場の照明など電気設備の利権を一手に握っている笹川グループの一員 。競艇利権は、松井知事の父親である元府議会議長の松井良夫元府議から引き継いだもの。 父親の良夫元府議会議長は、知る人ぞ知る故笹川良一の直系の子分だった人物 。父親の良夫元府議会議長は笹川良一払い下げの超豪華なキャデラックを乗りまわしていたぞな、もし。

 

屋嘉比収『沖縄戦、米軍占領史を学びなおすー記憶をいかに継承するか』(世織書房2009年)
友人の屋嘉比収がはじめての単行本が横浜の出版社から刊行された。あとがきに、友人の一人として私の名前も出ているので、敬意を表し感想を述べてみる。
はじめて、の項に著者(屋嘉比収)の父親や義父たちの戦争体験で、兵隊時代に上官によく殴られた話が出てくる。私の親父も海軍の主計兵であったが、それでもよく「俺が陸軍であったら、鉄砲は前(敵側)でなく後ろに撃つ」と常にいうていた。ようはやたらに意味もなく殴る上官に対しての復讐心の表れであうか。
 田本流助『防衛隊の記録』(元長栄2002年)に『他人の体験やフィクションまで批判するつもりはないが、どの戦争記も戦場の一部分で群盲巨像の類、しかも過去は美化されやすいので、戦争に参加し、竹槍を握った体験は忘れることにしている」「(上官)が悪いというより、日本軍隊の体質そのものが悪かったからである。防衛隊をどこかの野蛮な原住民を徴発した発想の下で教育の美名をかりて権力を奮った」とある。元長戦記は戦前、教育者であった人が戦後、友人の慰霊のために書いた本で、他府県出身者の上官の沖縄人に対する差別偏見が如実に描かれている。

 マンガ屋や小説家が描く戦記ものも戦争全体のほんの一部分である。また評論屋が思いつきで語られるほど、事は単純ではない。私は長年にわたって屋嘉比収の仕事を横目で見てきた。戦争という面白くもないテーマの調査をコツコツと地道にやっていた。私はこの不況の時代に、しかも日米同盟に水を差し体制側に異を唱える仕事は金にならない。私は屋嘉比に対して少しは御用学者を見習い沖縄で儲かることも考えたらどうかと再三苦言を呈したこともある。翻って本書をみると、そいう懸念は必要ではなかったほど、事実に忠実に愚直な記述で終始に展開されている。

 屋嘉比収は大学教員である。私みたいに俗っぽい文章では書けない。また物事を例のマンガ屋の売り絵的な俗っぽい表現も出来ない。私はここで例のマンガ屋のヒソミに倣って、俗っぽい(アナクロニズム)発想で沖縄戦をとらえてみたい。沖縄戦で真っ先に自決するはずの皇軍(日本兵)が住民に自決を強要もしくは示唆する。自決するどころか、臆病風に吹かれて捕虜になり戦後ものうのうと生き恥を晒し、あろうことか言い訳がましく戦記も書く。
 最近では戦争の記憶が薄らいだと勘違いし戦争(地獄)の世界での出来事を裁判まで起こすボケた人物も出る。またNHK番組で拓大教授が「アメリカ軍が居なくなると誰がオキナワを守るのか」と大きなお世話的な発言をしていた。たしかNHKは前にも真面目な沖縄問題の討論に例のマンガ屋を登場させていた。
マスコミはガス抜き報道や争点隠しに協力するのではなく、地球上から核基地や戦争をなくすまで地道に沖縄戦、米軍占領史をとらえ続けている屋嘉比収の執念を見習うべきであろう。本書はそのための手引きとなることうけあいである.。

2009年12月26日の『琉球新報』文化欄に屋嘉比収の著を引用し『軍隊は住民を守らない」とする論評があった。また「時評2009」に佐藤学沖国大教授が「米国の対日強硬姿勢の代弁者になっているのは、他ならぬ日本の全国メディアであるのは一体どういうことなのか」とマスコミに疑問を呈している。
12月29日『琉球新報』「沖縄美術年末回顧」に、沖縄芸術大学の小林純子さんが「美術の力を信じられず、困難を克服する知恵も出せない、沖縄県立の美術館の抱える問題は深刻だ」と苦言を呈している。続けて名渡山愛順の「大いなるマンネリズム」にもふれている。このマンネリズムにはエロチシズムは含まれているのだろうか。今は価値観も多様化し、バーチャルな空間も生まれその中で生息する芸術家やオタクも出てきているアナ―キの世界が目前に横たわっている。だからこそ良質のマンネリズムも必要となってくる。

2009年12月31日、例年どおり私は首里ニシムイの誰も居ない末吉宮近くの子方御水と称する井戸で若水を採取した。入口の立て札に「落石注意」「危険・立ち入り禁止」と書いてあった。聖域でもこれが現実である。(この水は元旦に國吉眞哲と山田實さんのところに持っていった)。元旦の今年の抱負は、俗っぽいマンネリズムと決別することにも留意して、新聞テレビには滅多に登場しない人物を主にモノ、コトを展開していきたい。テーマは画像である。今年は「沖縄マンガのコスモロジー展」(仮称)と、「手塚治虫展」が夏に開かれるということも念頭にあってのテーマである。2010年1月11日、沖縄文化の杜の謝花佐和子さん、國吉貴奈さんとニシムイに行く。途次、沖縄空手の巨人たちの墓を訪ねた。書家の屋部夢覚氏、末吉陶房の末吉安允氏、画家の山元文子さん、作家の大城立裕氏を訪ねた。最後に名渡山愛拡氏を訪ねた。