新城栄徳 2020-4-15 私の敬愛する編集者に上間常道氏が居た。氏は大阪生まれの今帰仁2世。東京大学文学部卒。『現代の理論』編集部、その発売元の河出書房新社に無試験で入社。『ドストエーフスキー全集』『トルストイ全集』などを編集する。復帰を機に沖縄に移住。出版社などを経て沖縄タイムスに入る。沖縄タイムス発刊35周年記念で『沖縄大百科事典』(上中下の3巻別刊1巻、約17000項目を収録)の編集を担当、同社より83年5月刊行。06年より出版舎Mugenを主宰。私は河出書房の話は聞いたかもしれないが記憶にない。

新城栄徳と上間常道氏の共同作業『沖縄美術全集』「年表」/『沖縄近代文芸作品集』/『琉球弧の雑誌展』

 森政三ー北海道札幌市に生まれる。東京の中学を終え、蔵前高専工業図案科入学。療養のため中退。1925年、東京美術学校建築学科卒業。歌舞伎座、都美術館、明治生命ビルの設計者・岡田信一郎①早稲田大学教授に師事して和洋建築の実技を習得。和風建築に興味をもち1929年「国宝保存法」の制定にともない文部省技官となる。国宝、重要文化財の調査、記録、修復を担当。1936年に国宝首里城正殿の解体修理工事を担当、1937年、初めて来沖し仲座久雄らと工事に従事。以後、毎年来沖して国宝、重要美術品の指定申請を提出、約20件が指定される。1945年から18年間ー日光東照宮修復の技師長になったほか、二荒山神社、神王寺や長崎の大浦天主堂、出羽三山の建造物などの修復を手掛けた。1955年、戦災沖縄文化財の実情調査と復興計画案を立てる。1956年、園比屋武御嶽石門設計監督、翌年竣工。1957年、守礼門復元工事の設計工事の設計監督委嘱、翌年竣工。泰子夫人との間に1男1女。
①岡田信一郎 おかだ-しんいちろう
1883-1932 明治-昭和時代前期の建築家。
明治16年11月20日生まれ。大正元年大阪市中之島中央公会堂の設計競技で1等当選。ニコライ堂修復のほか,歌舞伎座,東京府美術館,明治生命ビルなど,おおくの洋式建築を設計した。東京美術学校(現東京芸大)教授。昭和7年4月4日死去。50歳。東京出身。東京帝大卒。→コトバンク

2004年2月 沖縄県立博物館・美術館[企画展] 図録『戦前・戦後の文化財保護 ~仲座久雄の活動をとおして~ |』
null
写真右から国吉真哲、亀川正東、森政三、名渡山愛順、仲座久雄

null
宮﨑義敬『繚乱の人』展望社よりーサントリー美術館で中央に平良リヱ子、左に森政三①、右に岡本太郎、鎌倉芳太郎,金井喜久子、矢野克子が並ぶ
□①森氏の娘・美和子さん来信「父は結婚が遅く 私は孫といっていい程 年の離れた子ですから中年の頃の父も知りませんが ご指摘下さった人物は父のようでございます。人間国宝の鎌倉芳太郎先生のお話を母にしていました。」

null
日光東照宮でー中央に森政三、その右へ仲座久雄、一人置いて又吉眞三

nullnull
1980年9月15日『琉球新報』

nullnull
nullnull



1962年12月17日 建築家・仲座久雄(58)死去。

【資料】2020-2 仲座巌『仲座久雄 その文化財保護活動1936~1962年』

【関連】高松塚古墳/首里城正殿模型/大龍柱/琉球文化社・琉球書院

仲座久雄(1904・2・10~1962・12・17)
タイムス『沖縄大百科事典』「仲座久雄」は又吉眞三の執筆である。2004年2月、沖縄県立博物館で「企画展・沖縄の文化財展 戦前・戦後の文化財保護~仲座久雄の活動をとおして」の図録には仲座巌氏が「おわりに」と題し仲座久雄の略歴を記している。「仲座久雄は若い頃大阪で働きながら、苦学をして建築を修めました。賀川豊彦の薫陶を受け、ピューリタン精神を心に秘めて郷里へ戻り、学校建築、災害復旧工事に従事していましたが、1936年、首里市営バス安里停留所工事を設計・監督する機会を得ました。そして、当時首里市が国の補助と支援を受けていった「守礼門解体修理工事」が始まり、その工事主任を拝命し、工事監督・森政三と出会います。」

1945年9月16日(日)ー 戦争で多くの人が家を失いましたが、その住宅不足を解消しようと考案された仮設住宅が次々と建設されました。戦争ですべてを焼かれた住民たちは収容所に集められ、窮屈なテント生活を送っていました。そんな状況を解決しようと、沖縄諮詢会の松岡政保と仲座久雄は仮設住宅を考案しました。アメリカ産の材木を使った骨組みに、壁と屋根はテント張りか萱葺きで、床面積はおよそ6坪という一定なつくりのために「規格に沿った家」という意味で「規格家(きかくやー)」と呼ばれていました。簡素な作りではありましたが、大量生産が可能なため、1945年8月から3年間に7万5000棟が建てられ、戦後の住宅不足の解消に一役買いました。(→琉球朝日放送)

首里当蔵町時代
(首里博物館~琉球政府立博物館)
 新館は1952年2月に着工されました(設計・仲座久雄、施工・田光組)。コの字型の建物は、壁を煉瓦とし、赤瓦葺でしたが、当時資材の入手は困難で、設計者の仲座氏とともに博物館職員は煉瓦など資材の調達に奔走することになります。資材調達の遅れや資金不足などから建設は大幅におくれていきました。しかし、ペルリ記念館の併設を理由に、米国民政府が博物館建設を援助したため、1953年の5月に竣工することができました。5月26日ペルリ記念館・首里博物館落成式が行われ、このとき「おもろさうし」等が返還されました。(→沖縄県立博物館)

1960年3月8日ー大宜味村田港御嶽調査
null
写真左より川平朝申、當山区長、林清国、荻堂盛進、仲座久雄、國吉眞哲、区民(新城徳祐撮影)

1962年7月1日『琉球新報』「愛蔵品拝見・護得久朝光さんーガンダーラの石彫」


1962年8月14日 郷土の文化を守る会(代表 名渡山愛順)宛 ハーリーS・ケネデイ司教・書簡

1962年8月25日『琉球新報』「愛蔵品拝見・仲座久雄さんー亀甲墓の設計図」

1962年8月26日『琉球新報』「愛蔵品拝見・川平朝申さんー平景樹の書」


null