Archives

You are currently viewing archive for September 2012
Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
1978年6月 『関西今帰仁村人会結成記念・会員名簿』

1978年11月4日 沖縄県地域史協議会第一回総会(結成大会)開かれる。
□運営委員ー田名眞之(那覇市史)、又吉盛清(浦添市史)、中村誠司(名護市史)、荻堂盛良(本部町史)、渡名喜元久(佐敷村史)/監査委員ー仲宗根将二(平良市史)
null
1978年11月20日 『沖縄県地域史協議会ニュース・1』

中村誠司□私は新石器時代風ヤンバル人で、ヘンな大和人(大阪府)だ。大阪に生まれ広島で学生を過ごし、沖縄を学びはじめて40年。山原に定住して早や34年。妻はかつて今帰仁美人? 山原がずっと大好きである。モットーは、「歩き・見る・聞く」。山原で地域研究をはじめ、いろんな地域文化活動や地域おこし活動に参加してきた。稀の休日は妻の運転で山原の集落と風景を歩くのが趣味。山原(人)がもっと生き生きと楽しく美しくなることが願いである。それに連なる活動を楽しんでいる。


1981年1月15日 『沖縄県地域史協議会ニュース・2』田名眞之「パル石をめぐってー研修会への呼びかけー」
1982年7月10日 『沖縄県地域史協議会ニュース・3』上間常道「本づくりと編集者の役割」(記念講演メモ)

1982年10月 「第1回 沖縄県地域史まつり」(那覇市民会館)□沖縄県地域史協議会『沖縄・奄美地域資料総合目録』



1987年6月19日 『沖縄県地域史協議会誌 10』仲原弘哲「笹森儀助の山原関係資料について」
1987年11月 「第2回 地域史まつり」(浦添市民会館)


1988年12月 名護市史編さん室『名護市の歴史碑をめぐる・1』(仲原弘哲・執筆)

1989年4月25日 『すくみち 第1号』今帰仁村教育委員会・今帰仁村歴史資料館準備室

null
今帰仁村歴史文化センターの刊行物

1997年5月 『沖縄県地域史協議会誌 第20号』□事務局 〒905-04沖縄県今帰仁村字今泊5110番地 今帰仁村歴史文化センター


1991年8月 「第3回 地域史まつりー沖縄の市町村史・字誌総合目録」(浦添市民会館)


1998年5月 『沖縄県地域史協議会誌 第21号』□事務局 〒905-04沖縄県今帰仁村字今泊5110番地 今帰仁村歴史文化センター


1998年11月 「第4回 地域史まつりー地域史資料展・資料目録」(那覇市民ギャラリー)□仲原弘哲「『沖縄県地域史資料展』目録の発行によせて」
          仲原弘哲「大会テーマ研究会ー沖縄地域史協議会20年の歩みと地域史の活動」

» Read More


□1961年10月15日『沖縄タイムス』「生まれかわる『赤木』ー戦火にやかれた首里のハンタン山の赤木が戦後16年ぶりに芽をふいたという。5,6年前、どこかでガジュマルの実をついばんだ小鳥がキミ(赤木)の頂上で羽を休めた覚えがあるだろう。そのフンからガジュマルのタネがころがりおち、やがてそれは発芽したのだ。(略)キミは生まれかわったのだ。若い芽がキミをふみ台にしてのびていく。歴史はひきつがれたのだ、ということを。」

2012年9月29日『琉球新報』「インタビュー山田實氏 企画展『人と時の往来』利き手・大城仁美(美術館学芸員)」

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
「沖縄・烽火のネットワーク連絡会」代表・島袋和幸  〒124-0011 葛飾区四ツ木4-18-10 携帯090-4920-6952




Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

今帰仁村歴史文化センターでー左が館長・仲原弘哲氏と新城栄徳(渚さん撮影)

本日、文化の杜の渚さん運転のクルマで今帰仁と本部を廻った。渚さんは本部生まれで北山高校出身。今帰仁村教育委員会で、今帰仁城発掘や『百按司墓木棺修理報告書』編集にも関わっていて今帰仁に詳しい。今帰仁村歴史文化センターで館長の仲原弘哲氏が出迎えた。仲原氏は渚さんとも旧知の間柄。2012年8月22日寄贈された仲宗根政善の資料・本(100箱余.り)が地下書架に並んでいた。ガラスケースにある『琉球国由来記』(「1946年、山城善光氏帰沖,伊波先生からの手紙と『琉球国由来記』の写本,服部四郎氏から米語辞典が届けられる」と略年譜にある)には仲宗根宛の伊波普猷の署名がある。東江長太郎『通俗琉球北山由来記』(1935年11月)もある。□→1989年3月、東江哲雄、金城善編により那覇出版社から『古琉球 三山由来記集』が刊行された。

全集類は『比嘉春潮全集』(新聞スクラップが貼りこまれている。)『宮良當壮全集』『仲原善忠全集』『琉球史料叢書』などが目についたが、とくに日本図書センターの『GHQ日本占領史』はかなりの巻数である。安良城盛昭『天皇制と地主制』上下もある。

今帰仁関係を始めとして国文学雑誌や、琉球大学関係資料、同僚であった大田昌秀の著書も多数。また伊波普猷との関連で那覇女トリオの新垣美登子、金城芳子、千原繁子の署名入りの贈呈本もある。平山良明の論文原稿①、仲程昌徳『お前のためのバラード』、我部政男、渡邊欣雄、池宮正治、比屋根照夫、野口武徳、川満信一などの本も署名入りが並んでいた。娘婿が編集した『島田寛平画文集 1898-1967」 寛平先生を語る会1994年11月も目についた。
     □□2012年6月 仲程昌徳『「ひめゆり」たちの声ー『手記』と「日記」を読み解く』出版舎Muɡen(装丁・真喜志勉/墨染織・真喜志民子/写真・真喜志奈美)


天皇関係、大学紛争を特集した雑誌もある。マクルーハン②の本もあった。マクルーハンは、もともとは文学研究者として出発したが、その後メディア論を論じる(挑発的にして示唆に富んだ)社会科学者として名を成した。60年代後半~80年代前半にかけて爆発的な影響力を誇った。「内容ではなく、むしろそのメディア自身の形式にこそ、人びとに多くをつたえているのだ」と訴えることをつうじて、それまでの活字文化と、ラジオ文化、テレビ文化 相互のあいだにかれが差異線をひいたことは、いまだに重要である。 (ウィキペディア)


沖縄言語研究センターの「仲宗根政善 略年譜」を見ながら今帰仁村歴史文化センター書架に並んでいる本を思いつくまま記していくことにする。()内・写真・□は新城追加。

1907年(明治40年4月26日)
沖縄県国頭郡今帰仁村字与那嶺にて,父仲宗根蒲二,母カナの長男として生まれる 。生家は農業を営む。母カナは,名護の町を一度見たいというのが夢であったが,終生ついにかなえられなかった。祖父政太郎は,謝花昇(1908年死亡)に私淑していた。謝花は近在まで出張してくる都度,仲宗根家に宿をとった。
□1913年
9月5日 今帰仁村字与那嶺715番地に、父島袋松次郎(教師)、母静子(教師)の長男として霜多正次生まれる。→書架には霜多作品もある。

1914年~1919年(大正3年~8年)
兼次尋常小学校(大正8年4月1日,高等科併置,校名を兼次尋常高等小学校と改名する)に入学。桃原良明校長(4代),安里萬蔵校長(5代),安冨祖松蔵校長(6代),上里堅蒲校長(7代),当山美津(正堅夫人)等から直接教えを受ける。32歳の若さで赴任してきた上里校長に出会ったことによって,生涯を決定される。伊波普猷「血液及び文化の負債」の民族衛生講演で兼次小を訪れる。
1920年(大正9年)
沖縄県立第一中学校に入学。大宜見朝計(書架に1979年発行『大宜見朝計氏を偲ぶ』これに政善は「二人でたどった道」を書いている。川平朝申の文章もある。),島袋喜厚,上地清嗣等, 国頭郡から7名。中城御殿(現博物館)裏にあった駕籠屋新垣小に最初下宿。
母カナ死亡(享年40歳)。14歳になるまで,一晩中目がさえて一睡もできなかったということは一度もなかったが,虫のしらせか母の亡くなった夜だけは,蚊帳の上をぐるぐる飛んでいるホタルが妙に気になって,とうとう一睡もできなかったという経験をする。
泉崎橋の近くで,初めて伊波普猷の姿に接する。4年から5年にかけて,英語を担当していた胡屋朝賞先生の感化を受ける。
1926年(大正15,昭和元年)
福岡高等学校文科乙類に入学。沖縄から最初の入学者であった。級友から珍しがられ,親切にされる。翌27年には,大宜見朝計が入学。
伊波普猷著『孤島苦の琉球史』と『琉球古今記』を買い求め貧り読む。
安田喜代門教授から『万葉集』の講義を聞き,万葉の中に,日常用いている琉球方言がたくさん出て来るのに興味を覚える。また,考古学の玉泉大梁教授から,日本史の中ではじめて琉球史の概要を聞く。ドイツ語担当白川精一教授の感化を受け,ドイツ語に興味を持つ。
1929年(昭和4年)
東京帝国大学文学部国文学科入学。同年入学者に林和比古,永積安明, 吉田精一,犬養孝,岩佐正,西尾光雄等がいた。
本郷妻恋町に最初下宿。2年の時から国語学演習で,橋本進吉教授に厳しく鍛えられる。同ゼミに先輩の服部四郎,有坂秀世氏等がいた。服部氏が,今帰仁村字与那嶺方言のアクセントを調査し整理して,法則を示してくれたことによって, 郷里の方言に一層興味を持つようになる。金田一京助助教授のアイヌ語の講義,佐々木信綱講師の万葉集の講義を受ける。
伊波普猷先生宅に出入りするようになる。
1931(昭和6年)
第二回南島談話会で,はじめて柳田国男,比嘉春潮,仲原善忠, 金城朝永,宮良当壮に会う。
1932(昭和7年)
東京帝国大学文学部国文学科卒業。世は不況のどん底にあって,町にはルンペンがあふれていた。就職口もなく,朝日新聞に広告を出しても家庭教師の口すら年の暮れまで見つけることができないというような状況であった。
たまたま,県視学の幸地新蔵氏から,郷里の第三中学校に来ないかとの手紙があって,伊波普猷先生に相談。「東京でいくら待っても職はないし,2,3年資料でも集めて来てはどうか」と言われ,帰郷する気になる。
★「語頭母音の無声化」(『南島談話』第5号)。
★「今帰仁方言における語頭母音の無声化」(『旅と伝説』)。
1933年(昭和8年)
名護の沖縄県立第三中学校に教授嘱託として赴任。伊波普猷先生から,蚕蛹の方言を調査してほしい旨の手紙を受け,さっそく生徒126名を対象に,国頭郡の各部落の方言を調査し報告する。方言使用禁止の風潮の中で,方言を調べ研究するのを,生徒たちから不思議に思われる。伊礼正次,サイ夫妻の長女敏代と結婚。
1934年(昭和9年)
★「国頭方言の音韻」(『方言』第4巻第10号)。
1936年(昭和11年)


折口信夫先生を嶋袋全幸氏と共に案内。正月を名護で迎える。北山城趾見学の帰り,与那嶺の実家に立ち寄る。
三中から沖縄女子師範学校・沖縄県立第一高等女学校に転勤を命ぜられる。『姫百合のかおり』(沖縄県女子師範学校・沖縄県立第一高等女学校,30周年記念号)の編集委員を勤める。
★「加行変格『来る』の国頭方言の活用に就いて」(『南島論叢』)。
1937年(昭和12年)
川平朝令校長から「国民精神文化研究所」に研修に行くことをすすめられ,あまり気のりがしなかったが, 東京へ転ずるきっかけをつかむことができるかも知れないとの希望があって,目黒長者丸にあった同研究所へ入所する。
伊波先生を塔の山の御宅に訪ね,入所報告をすると「紀平正美などが,『神ながらの』道を講じているようだが,あんなのを学問だと思っては大間違いだ。研究所に通うより,うちに来て勉強するがよい」と注意を受けて近くに宿を貸りる。先生に励まされ,研究意欲に燃えて,夏の終わりに帰省。

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
野ざらし延男/沖縄県中頭郡北谷町字吉原726番地 電話FAⅩ098-936-2536









開業の頃の山田写真機店


9月11日ーテープカットで挨拶する山田實氏/9月10日ー展覧会前日の山田實氏ー自宅で





» Read More

Category: 02-関西の沖縄
Posted by: ryubun02
2012年9月9日 「綱・ちゅら・エイサー祭り~与那原大綱曳in大正区」同実行委員会(関西沖縄文庫☏FAX06-6552-6709)




2012年10月7日 沖縄県人会兵庫県本部機関紙『榕樹』

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02

2012年9月11日『琉球新報』に県民大会を3紙が一面報道とある。以前、全国紙は沖縄問題よりは読売巨人軍オーナーが大きく扱われていた。一面掲載の新聞は朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、高知新聞であった。他の新聞は相変わらず沖縄問題を矮小化する傾向が続いている。

» Read More

Category: 02-関西の沖縄
Posted by: ryubun02

大正13年7月25日『沖縄朝日新聞』「恒例の与那原町綱引」

null



左ー2012年9月9日『沖縄タイムス』(内間健記者)/『琉球新報』(永峰眞名通信員)


» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
1940年8月 『南島』第1輯 編集兼発行者・野田裕康(台北市兒玉町3ノ9野田書房内)南島発行所目次カット・川平朝申
□編集顧問・浅井恵倫、移川子之蔵、上原景爾、江崎梯三、小葉田淳、大島廣、金関丈夫、喜舎場永珣、島袋源一郎、島袋全発、豊川博雅、南風原朝保、東恩納寛惇、比嘉春潮、萬造寺龍、山中樵
□編集係・川平朝申、須藤利一、比嘉盛章、宮良賢貞
□口絵ー八重山の御嶽と拝殿・西表の節祭とアンガマ踊/進貢船の図/弘化年間来琉の英国船(表紙の地図は中山伝信録より)
□比嘉盛章「西表島の節祭とアンガマ踊」/喜舎場永珣「爬龍船の神事」(黒島)/宮良賢貞「黒島船造りののりと・小濱島のニロー神」/瀬名波長宣「進貢船接貢竝朝鮮船異国船日本他領の船漂着破損等の在番役役公事」/正木任「サマラン號八重山来航事記録」/須藤利一「サマラン號航海記附記」/須藤利一「アダムスの那覇見聞録」/付録ー八重山島由来記・八重山島大阿母由来記・八重山島諸記帳・慶来慶田城由来記・・・解説並びに語句解(比嘉盛章)

1942年3月 『南島』第2輯 編集兼発行者・野田裕康(台北市兒玉町3ノ9)目次カット・川平朝申
□編集顧問・浅井恵倫、伊波普猷、移川子之蔵、上原景爾、江崎梯三、小葉田淳、大島廣、金関丈夫、川平朝令、喜舎場永珣、志喜屋孝信、玉城尚秀、島袋源一郎、島袋全発、豊川博雅、南風原朝保、東恩納寛惇、比嘉春潮、萬造寺龍、柳田国男、山中樵
□編集係・川平朝申、須藤利一、中村忠行、三島格①、宮良賢貞
口絵ーバジル・ホール肖像/日本国古地図(海東諸国記所載)
李朝実録・中世琉球史料・・・・・小葉田淳
久米島おもろに就いて・・・・・・・世禮国男
与那国島の童謡・・・・・・・・・・前新加太郎
孤島武富覚書(八重山)・・・・・・宮良賢貞
岩崎翁のことども・・・・・・・・・・・瀬名波長宜
「沖縄の文化を語る」(座談会)・小葉田、金関、比嘉、須藤、南風原、松村、三島、川平
親雲上の音義に就て・・・・・・・・比嘉盛章
おもろさうし研究(第1回)・・・・・小葉田、金関、松村、木藤、川平、中村、比嘉、須藤、三島
口絵解説(バジル・ホール略傳)中村忠行
新刊紹介・・・・・・・・・・・・・・・・・須藤利一
沖縄関係最近文献資料(2)

写真ー1998年10月18日うりずん 左から新城亘氏、①三島格・肥後考古学会会長、新城栄徳、佐藤善五郎氏(那覇市文化協会) 

1944年9月 『南島』第3輯 編集者・南島発行所(台北市表町1丁目11番地)発行所・台湾出版文化株式会社目次カット・川平朝申
□編集顧問・浅井恵倫、伊波普猷、移川子之蔵、上原景爾、川平朝令、志喜屋孝信、玉城尚秀、江崎梯三、小葉田淳、大島廣、金関丈夫、喜舎場永珣、島袋源一郎、島袋全発、豊川博雅、南風原朝保、東恩納寛惇、比嘉盛章、柳田国男、比嘉春潮、萬造寺龍、山中樵
□編集・須藤利一、川平朝申、木藤才蔵、中村忠行、松村一雄、三島格、宮良賢貞
□口絵ーロベルト・ゾーン號遭難救助の記念碑・海上から見た同碑のスケッチ・独逸皇帝より贈られた記念品の数々・西郷提督・保力庄の楊友旺・宮古島民遭害の山地・石門の険・墓碑・水野遵氏書簡
□江崎梯三「宮古島のドイツ商船遭難救助記念碑」/石本岩根「独帝謝恩記念品その他」、下地馨「宮古曲玉の研究」、山中樵(台湾総督府図書館長)「宮古島民の台湾遭害」、川平朝健(沖縄新報社員)「宮古の民謡について」、垣花良香「多良間島雑記」
□おもろさうし研究(第2回)・・・・・小葉田、金関、松村、木藤、川平、中村、比嘉、須藤、三島、小山

null
前列左からー比嘉春潮、川平朝申、柳田国男

1947年9月7日 アーニパイル國際劇場落成

1947年9月5日 『うるま新報』「”國際劇場”那覇に設立ー那覇市牧志町に今回アーニーパイル國際劇場と称する劇場が新設されたが、鉄骨張りの堂々たる建物で収容人員三千五百人とされ9月7日1時より落成式を挙行、沖縄文化連盟主催で西洋音楽、古典舞踊を上演する筈」

1948年2月27日『うるま新報』「映画常設館那覇に出現ーアーニパイル國際劇場は今回映画常設館として娯楽に飢えた那覇っ子を喜ばすことになったが1月21日には文化部主催で盛大な開館式を挙行、当日は軍政府より・・」

□MG会副会長で米軍政府経済部の翻訳官の大城つる女史が、『宗教雑誌を出版したいという人がいるが許可できますか』と訪ねてきた。数日後、本人から出版申請書が出された。終戦直後糸満で壕から這い出した虚脱状態の同胞に希望と笑いをとりもどさせる働きをした与那城勇氏『ゴスペル』(福音)という神の国建設への啓蒙雑誌であり、聖書の解説や迷信の解明など政治色のない編集内容だったので私は喜んで許可した。この月刊誌も『月刊タイムス』と同じ謄写版刷り四六判の30頁、与那城氏が糸満教会に勤務している数年間、根気強く発行した。与那城氏はのち糸満教会を辞し、小禄で歯科医院を開業したが、『ゴスペル』の中jから抜粋した主張や随筆、解説など集めた単行本『琉球エデンの物語』を上梓した。

『ゴスペル』
■2012年8月8日、平和通りで我が古里・粟国島に縁故がある玉寄哲永氏と出会い話を聞いた。この与那城勇氏も粟国島と縁故がある。本人が『南歯の歩み』に記した経歴に「14才の時から洋服屋の丁稚、16才で大阪に渡り、回覧雑誌(貸本)の配達をしながら独力で学費を稼いで夜間中学に通っていた私の様な貧しい少年にとってはまさに希望の灯火そのものでありました。私はその頃から『救世軍』という名のキリスト教の一派に加わっていましたが、ゆくゆくは伝道者になろうと心に決めておりました。その計画遂行には独り立ちできる生活力を身につける事が先決だと考えたのですが、たまたま書生として住み込んでいた歯科医院の先生の影響もあって歯科の道を志したのでした。」として猛勉強して朝鮮総督府の歯科医師検定試験に合格した。


川平朝申の歴史書/下右の1959年7月発行の『今日の琉球』から始まった川平朝申「郷土の歩みー若き人々のための琉球歴史ー」が私に琉球史へ関心を持たせたもの。②では「人間のおこり」から始まっていた。

2012年9月3日 『沖縄タイムス』斎木喜美子「川平朝申の児童文学①」

» Read More

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
島袋和幸 〒124-0011 葛飾区四ツ木4-18-10 携帯090-4920-6952




工藤耀日美術館 〒408-0101 山梨県北杜市須玉町小尾1448 ☏0551-45-0042

Category: 04-書の森
Posted by: ryubun02
 米軍は本国の議会では軍事費削減にあっている中、日本は「思いやり予算」で非常に居心地が好い。だから平和ボケしている日本の国民には偶に犯罪、事故などで恐怖感を与えてサービスしている。来る9月9日は「オスプレイ配備に反対する県民大会」、大阪では 「綱・ちゅら・エイサー祭り~与那原大綱曳in大正区」が開催される。大阪のは年中行事化して大正区に融け込んで定着している。県民大会のほうの年中行事化は、好い加減オワリにしてもらいたい。そのためには「アンポ優先」の知事や市長を選ばないという自覚が必要だ。そのカジノチジは県民大会に不参加という。

森本防衛大臣は「普天間はアンポ闘争だ」と自著で語っていた。2012年1月 経済団体「北海道エナジートーク21」の座談会で森本敏は「原子力について高い能力を持っていることが、周りの国から見て非常に大事な抑止的機能を果たしている」と騙る。6月には原子力基本法に「わが国の安全保障に資する」の文言が追記された。

琉球新報社説□アルフレッド・マグルビー在沖米総領事が就任会見で、米軍普天間飛行場をめぐり、「特に危険だとは思わない」と明言した。着任してわずか1カ月で、総領事の最も重要な使命である基地をめぐる沖縄社会との対話の回路を自ら断ち切ってしまったようだ。1996年に日米両政府が合意した米軍普天間飛行場の全面返還の原点は、危険な市街地の航空基地を一刻も早く閉鎖することにある。日米両政府が普天間問題に向き合う上で、根幹にある共通認識である。
 
それを共有せず、マグルビー氏は着任早々、臆面もなく軍事優先の論理を振りかざした。仲井真弘多知事や佐喜真淳宜野湾市長が反発し、騒音や墜落の危険にさらされている市民も憤っている。さらに「世界一危険」と指摘される普天間の現状について「世界一が一人歩きしている」と言い放ち、基地周辺の住宅密集地に関しては「どうして周りに密集されたか不思議だ」と語った。この鈍感さにはあきれる。基地に近づいたのは住民の側だという米軍特有の独善的な論法だ。
 
沖縄戦の戦禍を免れた住民が戻る前に接収したり、力ずくで住民を排除して基地が形成された沖縄戦後史の原点への理解も乏しい。垂直離着陸輸送機オスプレイの普天間配備計画について、名護市辺野古への移設が実現すれば、「異論は出ないと思う」との認識も示した。普天間は固定化しても問題はない。オスプレイ配備に反対するなら、辺野古移設を受け入れよ―と迫る思惑が透けて見える。歴史や文化への適切な理解の下、相互尊重を土台に関係国・地域との良好な関係を築くことは外交官の職責だ。在沖総領事には、米国や基地に対する沖縄の民意をつかみ、本国に伝える役目がある。

 相互理解と対極にある総領事を迎えても、沖縄と米国の関係をとげとげしくするだけだ。ゆがんだ沖縄観と基地負担にあえぐ住民への無理解を改めない限り、職責は全うできまい。本国に帰ってもらった方が日米沖の三者の利にかなうのではないか。「沖縄はゆすりの名人」と暴言を吐いて国務省日本部長を更迭されたケビン・メア氏は2代前の総領事だった。メア氏以来、総領事が軍事優先にとらわれ、露骨なまでに米国益を重視し、県民の米国観を悪化させている。総領事は外交官の誇りを取り戻してほしい。→これに付け加えると、オバマ黒人大統領の足を引っ張ろうとしているか、また外務省の役人に何か吹き込まれたかであろうとしか考えられない。

2011年3月10日の沖縄タイムスによると 、小川勝也防衛副大臣は9日の参院予算委員会で、嘉手納や普天間など全国5カ所の在日米軍基地の爆音訴訟で確定した損害賠償金について、米側がいまだに負担分を支払っていないことを明らかにした。支払われた賠償金は220億9400万円(遅延損害金を含む)で、全て日本側が負担している。山内徳信氏(社民)に答えた。日米地位協定は賠償金の25%を日本側が、75%を米側が分担すると規定。しかし「分担の在り方で日米の立場が異なり、いまだ妥結していない」(小川副大臣)と未払いで、これまでも米側分を日本側が負担することに批判があり、いまだ改善していない。

» Read More