写真ー2012年9月11日ー左から写真史研究所の仲嶺絵里奈さん、山田實氏、東京都写真美術館の金子隆一氏①


2014年3月ー左から豊里友行氏、山田實さん、金子隆一氏、仲嶺絵里奈さん

①金子 隆一(かねこ りゅういち )は、1948年生まれ。写真評論家、写真史家、写真集コレクター。本業は僧侶。立正大学文学部卒業。元東京都写真美術館学芸員。武蔵野美術大学非常勤講師。日本写真史、特に日本の芸術写真(ピクトリアリスム)を専門とし、東京都写真美術館の企画展はもちろん、国内の様々な写真展を企画している。主な著書として、写真集を写真撮影してアーカイブした『日本写真集史1956-1986』(2009年、赤々舎)など。芸術写真に限らず、写真史のその他の分野にかかわる著作も多い。1985年のつくば写真美術館'85の企画にも参加。→Wikipedia

1975年1月 影山光洋『写真 昭和50年史ーあるカメラマンの半世紀』講談社




影山光洋 かげやま-こうよう
1907-1981 昭和時代の写真家。
明治40年5月23日生まれ。昭和5年朝日新聞社にはいり,従軍写真記者として中国,南方戦線に派遣される。20年退社し,のちフリーとなる。写真の記録性を重視し,自分の家族,街頭風俗などをとりつづけた。昭和56年3月1日死去。73歳。静岡県出身。東京高等工芸(現千葉大)卒。本名は正雄。写真集に「戦争と日本人」「昭和の女」など。 →コトバンク