○最近、テレビのクイズ番組が面白いです。東大出のIQ150とか160の人達が出ているのを見ていると、私など十分の一の正解しか出来ず、東大の偉大さを見せつけられている。そこで思うのだが、日本には、これほど頭の良い連中が居るのに如何して伏魔殿が存在するのか不思議でならない。しかし同じ人間です。昔の詩を思い出しました。「佛も昔は人だった。吾も終わりは佛なり」。
 IQの高い人も歳を取るのです。高齢者になってから多少は呆けるでしょう。認知症になるでしょうが、ここまで来ると楽しくなります。脳みそが詰まってない私の脳には隙間があるので、今からでも詰め足すことが出来ますが、脳満杯の人のIQは減少していく筈です。人生は高齢者になってからが面白い。

2016年11月 城谷一草「春秋庵雑筆」⑦< 丁字風炉の源慶さん>
○物を作るより、家造りが上手になっている作家が多くなった陶芸界だが、金城次郎さんは読谷に立派な窯を造った。当時は次郎さんの次男夫婦が大変だった。でもその甲斐あって沖縄で初めての人間国宝と謂う栄冠を得られたのです。


金城次郎パネル写真(古美術なるみ堂 ☏098-987-5530)

 焼物造りが至福の業と励む人がもう一人居た。小橋川源慶さんです。口数の少ない小柄だが、自分と同じ位の大物を作っていた。丁字風炉の名人で、何か丁字風炉に拘りがあったのでないかと思う。大和の陶工たちが丁字風炉を無視した観があったので、源慶さんは格別に拘ったかなと思うのです。私も大好きでたくさん扱いました。
null
写真左から小橋川源慶氏、小橋川秀義氏、新城栄徳



2016年11月 城谷一草「春秋庵雑筆」⑧< 私は遊鬼>
○ここ沖縄の夏でも、私の部屋は、クーラーは使うことがありません。「 涼風も仏任せの此身かな」 と、一茶の句、そのままですが、 「涼しさや 聞けば 昔は 鬼の家」と子規は云います。と云うことは鬼が住んでいた家に私たち父子は住んでいることになります。
 昔から私は鬼が嫌いではありませんでした。鬼については色々な話を聞いています。鬼は、あの世では閻魔大王の下働きで、決して悪いことをしているわけででなくて地獄の番人で、時折、逸れた鬼を見ると、人間は地獄の仇討ちとばかり、鬼を攻撃するのです。私は地獄で鬼にお世話になることを予想して、節分の折に「鬼は外」などと叫んだことはないのです。
 「この世は 遊びに来たところ」をモットーとしている私は遊鬼かも知れません。もう少し生かして頂いて、もっともっと楽しく遊ばして欲しいと願っております。