小冊子『熱風』2016年11月号 第14回 日本人と戦後70年(青木 理)――[ゲスト]津田大介さん
津田「社会が右翼化しているというより、ネットで流通しやすくなった過激な言説にメディアが翻弄されすぎているんです」


小冊子『熱風』2016年12月号 特集「日本のアニメーション製作事情」/第15回 日本人と戦後70年(青木 理) ――[ゲスト]鳩山友紀夫さん




2015年07月10日 小冊子『熱風』2015年7月号の特集は「特集1/翁長雄志沖縄県知事インタビュー」「特集2/三鷹の森シブリ美術館企画展示 幽霊塔へようこそ展―通俗文化の王道―」です。

日本人と戦後70年ーゲスト美輪明宏
○美輪ー・・もう一つ、日本は抑止力を自分たちで作っちゃったんです。原発です。日本の沿岸をなぞるように50数ヶ所も原発を作っちゃった。今は特攻隊の時代じゃない。ミサイルや無人爆撃機の時代です。(略)ミサイルなり無人機なりで日本中にある原発を破壊すれば日本は全滅。あと1万年か、2万年は使えない土地になっています。放射能だらけで。

○「とにかく知力が足りないんです。あるのはやまいだれの『痴力』。あとは情念。それだけ」配布中のジブリ小冊子「熱風」で日本の“今”についてこう語ったのは美輪明宏(80)。ジャーナリスト青木理氏との対談形式で戦後70年について語っている。
 15日には「安保関連法案」が強行採決。対談は採決前の5月に行われたものだが、美輪はこれについて「私は笑ってますね。学習能力がないということでしょう。第二次大戦と同じ、歴史に学んでいないんです」と一蹴。冒頭のように日本の愚かさを嘆くと、「安倍さんや、石破さんや、麻生さんにしても、みなさん、言いだしっぺの責任を取っていただいて、徴兵制になるならば、まずご自分が、年齢に関係なく、鉄砲を担いで、鉄兜をかぶって、まず第一線に出ていただく。(中略)そのつもりでいればけっこう」と呆れ果てていた。→7月18日『日刊ゲンダイ』



2013年4月28日

2013年4月29日
2013年2月22日~5月6日 沖縄県立博物館・美術館「スタジオジブリ・レイアウト展」