1965年5月 沖縄興信所(代表・大宜味朝徳)『琉球紳士録』「本土在住琉球紳士録」

写真左から外間盛安、仲嶺真助、安里貞雄/知念精吉、具志保男、天願保永/津嘉山朝吉、儀間真福、新里与旌
1965年12月 『守礼の光』「実現間近い家庭用原子力発電」
1966年5月ー『オキナワグラフ』「ハワイだよりー髙江洲敏子さん」
1966年10月 『守礼の光』坂本万七「写真・伊藤若冲」
1967年3月  『守礼の光』せそこ・ちずえ「琉球昔話 空を飛ぼうとした男(安里周当)」、比屋根忠彦「久高島のイザイホー」

1967年12月  『守礼の光』「5年後に110階建て 世界貿易センター出現」
1968年2月  『守礼の光』「現代にも呼びかけるエイブラハム・リンカーンのことば」「アジア地区米陸軍特殊活動隊 粟国・渡名喜両島で奉仕活動」「原子力科学者が語る未来の原子力『食品工場』」
1968年4月  『守礼の光』ジョン・A・バーンズ(ハワイ知事)「琉球の文化的姉妹島ハワイ」
1969年5月  『守礼の光』宮国信栄」「放射能はどこまで人体に安全か」

null
1969年10月3日『毎日新聞』「本土のなかの沖縄ー私設沖縄文庫」

1969年7月 『今日の琉球』亀川正東「アメリカ文学の話(107)死んだアプトン・シンクレアのこと」

1969年9月 チェンバレン著/高梨健吉訳『日本事物誌』(東洋文庫)平凡社
○日本語(Language)琉球列島で話されている姉妹語を除けば、日本語には同族語はない。/琉球(Luchu)土地の人はドゥーチューと発音し、日本人はリューキューと呼ぶ。琉球人は、民族と言語の点で日本人と密接に結びついている。しかし多くの世紀のあいだ両民族はお互いに交渉がなかったように思われる。

1972年2月号『青い海』10号 「若者が集う『沖縄関係資料室』の西平守晴氏宅」

□ここで資料の内容の一部を紹介しよう。開設当時200冊足らずだった書籍・雑誌は、現在約3200冊。新聞や週刊誌などのスクラップが300冊。沖縄に関する資料については、関西隋一と言われる。▽人物関係ー「謝花昇伝」「平良辰雄回顧録」「伊波普猷選集」などの伝記、回顧録、全集もの。▽市町村関係ー「北谷村誌」「南大東村誌」 比嘉景常「久米島紀行」など。▽歴史関係ー「沖縄県史」(直接主席から贈呈される。関西では天理図書館と資料室ぐらいだろうとの話) 「琉球建築」 田代安定「沖縄結縄考」 金城朝永「異態習俗考」や戦史・戦記もの。▽文芸関係ー「山之口貘詩集」「新沖縄文学」や大城立裕、石野径一郎、霜田正次、石川文一などの諸作品。▽芸能関係ー「組踊大観」「工工四」など。▽政府刊行物ー「立法院議事録」 白書類。▽ミニコミー「沖縄差別」「石の声」「沖縄月報」「寮友」「琉大文学」や本土各大学の県学生会の機関誌・パンフなど。▽地図ー「首里古地図」その他。これらの資料を整理したり、購入したり目録をつくるなど、一人でするにはたいへんな仕事である。西平守晴さんは保育園の仕事もあり忙しいので、現在もっぱら新城栄徳君(23)が動きまわっている。
null
null
1972年6月の『豊川忠進先生の長寿を祝う会』では、沖縄の又吉真三氏から文化財の碑文の拓本を借りて展示して参加者を感動させ、平良盛吉翁らを豊川氏の隣りに座らせて感激させた。」

nullnull
1972年5月13日ー大阪『日本経済新聞』「民芸品・図書を守ろうー都島の『沖縄資料室』」
1973年5月14日ー大阪『朝日新聞』「守れ!沖縄の心と自然ー埋もれた文化掘起す」
平良盛吉□→1991年1月『沖縄近代文芸作品集』(新沖縄文学別冊)平良盛吉「村の先生」/平良盛吉(1890年8月28日~1977年6月28日)1912年、沖縄ではじめての総合文化誌『新沖縄』を創刊。琉球音楽研究家。『関西沖縄開発史』の著がある。□→2009年5月『うるまネシア』第10号/新城栄徳「失われた時を求めてー近鉄奈良線永和駅近くに平良盛吉氏が住んでおられた。息子が1歳のとき遊びに行ったら誕生祝をいただいた。袋は今もある」
null
null
沖縄関係資料室の内部(西平守晴と司馬遼太郎)


1975年2月16日『沖縄タイムス』石原英夫「話題の広場/西平守晴ー離島の子供たちに文化の灯を」/6月23日石原英夫「がじゅまるの会」

1976年1月10日『サンデー沖縄』「沖縄資料室を開放ー西平守晴」

null
写真ー左・コウ君と西平守晴さん
1978年4月 友寄英一郎『西洋史稿』琉球大学史学会○異国船琉球来航史ノート

1980年5月15日『朝日新聞』(大阪版)「西平守晴ー琉歌でつづる沖縄戦後史」

1982年6月、沖縄県人会兵庫県本部『ここに榕樹ありー沖縄県人会兵庫県本部35年史』(新城栄徳資料提供)

1980年11月『南島史学』第一六号
○室町幕府と琉球との関係の一考察・・・・・・・・・・・・・・・・田中健夫

null
1980年11月24日ー豊中市立婦人会館で開かれた南島史学会第9回研究大会。右手前2人目が安良城盛昭氏と牧野清氏、左端が喜舎場一隆氏同日、受付の永峰眞名さんに安良城盛昭氏を確認してもらう。大会終了後、安良城氏を都島の沖縄関係資料室まで案内。色々と歓談する。資料室で自著を見つけた安良城氏が本代を払いそれに署名献本した。このとき以来、理論嫌いな私でも沖縄出身の理論家については、これ傾聴に努めることにした。


1981年ー第17回 沖縄県印刷人大会で、左端が西平守晴の従兄弟、西平守栄会長。隣が後の仲井眞知事

1982年2月『南島史学』第一九号
○原琉球語をたどるー鍬・蜻蛉・蚊などー・・・・・・・・・・・・・・・・・・中本正智
○奄美の民族に関する既刊文献の状況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山下欣一

1982年9月『南島史学』第20号
○江戸時代の「琉球」認識ー新井白石・白尾国柱・伴信友ー・・・・・横山學
○ハワイ沖縄県人の団結力・・・・・・・・・・・・・・・・・・崎原貢



1984年9月『南島史学』第24号
○琉球の稀書について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岸秋正


1986年7月 ベイジル・ホール著/春名徹 訳『朝鮮・琉球航海記』岩波文庫


沖縄都ホテルで新城栄徳と元沖縄都ホテル社長・桑原守也氏

1987年4月『南島史学』第29号
○続・琉球の稀書について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岸秋正




null
「川平朝申氏寄贈写真」(那覇市歴史博物館所蔵)写真後方左が西平守晴、前右が川平朝申

1986年、岩波文庫から春名徹訳でベイジル・ホール『朝鮮・琉球航海記』が出ているが解説に「第一に、須藤利一氏のこの学恩に対して謝意を表したい」とする。

1987年8月 ラブ・オーシュリー/上原正稔 編『青い目が見た大琉球』ニライ社



1987年10月2日~12月9日 沖縄県立海洋博記念沖縄館「異邦人が見た大琉球展」

null
写真ー窪徳忠御夫妻を囲んで、石垣繁氏、石垣博孝氏

1988年5月ー西村朝日太郎、新城栄徳宛手紙「岸畑久吉氏早大文学部の主事を永らく勤めていた方で小生にとっても懐かしい方です」

1989年4月 大熊良一『セント・ヘレナのナポレオン』近藤出版社


1990年3月 太田雄三『B・H・チェンバレンー日欧間の往復運動に生きた世界人』リブロポート



1992年9月19日~10月23日 浦添市美術館「世界に誇る・琉球王朝文化遺宝展ーヨーロッパ・アメリカ秘蔵ー」

1993年4月 中島昭子・小川小百合 訳『幕末日仏交流記 フォルカード神父の琉球日記』中公文庫
1993年10月『南島史学』第42号
○琉球に関する二つの考察ー皮弁と国門・・・・・・・・・・・・原田禹雄

1994年5月『南島史学』第43号
○琉球の遊女と真宗・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・知名定寛


1996年12月、池島保育園で左が西平守晴さん、新城栄徳

1997年3月 高良倉吉/玉城明彦 編『ペリーと大琉球』琉球放送
1997年10月 オフィス宮崎 翻訳・構成『ペリー艦隊日本遠征記』栄光教育文化研究所



1998年7月 『琉球王国時代の植物標本~ペリーが持ち帰った植物たち~』同実行委員会

1999年3月 『ペリーがやってきた~19世紀にやってきた異国人たち~』(沖縄県史ビジュアル版4 近世①)沖縄県教育委員会
1999年3月 ジョン・マクロード/大浜信泉訳『アルセスト号 朝鮮・琉球航海記』(解説・真栄平房昭)榕樹書林

2001年3月 喜久川宏『ペリー提督の生涯と時代』人文沖縄社
2003年

2003年1月1日『沖縄タイムス』「ペリー来琉150年」



2003年5月『21沖縄公論』<ペリー来琉150周年にあたって>編集兼発行人・山口芳弘

2003年9月 ジョージ・スミス/山口栄鉄、新川右好・訳『琉球と琉球の人々ー琉球王国訪問記』沖縄タイムス社○バジル・ホールの名著「朝鮮西部沿岸及び大琉球島航海探検記」(Account of a Voyage of Discovery to the West Coast of Corea, and the Great Loo-Choo Island, with two Charts) (Philadelphia: Abraham Small, 1818)の扉に著者バジル・ホールの名と並んで「琉球語語彙」の収集、編者として大きく名を連ねるハバート・クリフォードの存在がそれだった。英国海軍琉球伝道会(Lewchew NavaⅠ Ⅿission)、クリフォード海軍大尉が設立に尽力した。

『サンデー毎日』2015年10月18日号 民間交流で沖縄を守る山口氏逝去
 沖縄政財界に幅広い人脈を築き、中国、台湾双方の要人にもパイプを持つ一人のロビイストが他界した。山口芳弘さん。9月17日午後、事務所代わりに使っている那覇市のホテルで倒れているのが見つかり、救急搬送されたが間もなく死亡した。大動脈解離だった。享年73。 早大卒業後、経済誌『財界展望』の記者時代に、沖縄協会の吉田嗣延(しえん)専務理事(故人)から「沖縄を少し愛して、長く愛して」と頼まれ、沖縄に関わり始めた。1978年には沖縄平和祈念堂(糸満市)で輪島、北の湖、若乃花の3横綱による「鎮魂の土俵入り」をお膳立てするなど、その人脈は多岐にわたった。元自民党幹事長の野中広務氏に請われ、沖縄・中国友好協会を設立。94年、北京で元参院議員の喜納昌吉氏のコンサートを企画し、「那覇―北京」直行便開設や映画「天上の風」の製作支援など、その実績は枚挙にいとまがない。
 台湾との関係でも、翁長雄志那覇市長(現知事)と馬英九台北市長(現総統)の会談(2002年8月)で黒衣役を務め、直近では台湾の経済団体幹部から「沖縄にプロ球団を作って台湾リーグに加盟し、台湾と沖縄の交流を活発化させよう」と要請されていた。1980年代から沖縄に移住し、『21沖縄公論』を発行。自らを"じゃまとんちゅ"と称し、疎まれる覚悟で時の県政に提言してきた。7年前に体調を崩し休刊したが、今夏から復刊に向けて始動していた。米軍基地の辺野古移設を巡っては、矢面に立つ翁長知事を案じ、「一人、翁長知事に任せてはいけない。知事の周りには、安倍・菅政権と対等に渡り合える正しい戦略を立てられる参謀はいないのか」と綴(つづ)り、気を揉(も)んでいた。10月1日の国慶節に北京、10月10日の双十節に台北を訪れる予定で、台湾でダンサーとして活躍する長女貴絵さんにホテルの予約を頼んでいたが、沖縄で無言の対面となった。集団的自衛権ではなく、民間交流こそ沖縄を守る術(すべ)と知り、実践してきた生涯だった。合掌。 (友寄貞丸)


2003年5月21日~26日 沖縄県立図書館「19世紀 琉球を訪れた欧米の人々ーペリー来航150周年によせて」