2017年10月10日~15日 那覇市民ギャラリー「第20回 高良憲義個展 普天間、辺野古、高江、地位協定、地球惑星の花の人(土人)」

 「くろねこの短語」10月 4日ー(前略)ぼったくりバーのチーママ・小池君は立憲民主党に対して「立憲なんたら」と言い放ったそうだが、昨日のエントリーで書い大阪のチンピラ知事・松井君の「ポンコツ一掃」といい、今回の白塗り野郎の「頭が乏しい」といい、さらにはペテン総理の「あんなひとたち」といい、改憲勢力の奴らってなんでこうも品性下劣というか、まるで子供の喧嘩のような口汚ない言葉でひとを貶めようとするんだろう。これだけで、政治家はもちろん、社会人としても失格だろう。こんな奴らが唱える「道徳」がいかにロクでもないかわかろうというものだ。
 ところで、湯上りの口先番長・前原君が民進党分裂について、「全てが想定内だ。政権交代可能な状況をつくらないといけない。自分の判断は正しかった」って居直っている。代表の座にありながら党を売った下衆野郎に、永田町での居場所は断じてない。(略)おそらく、裏では自民党と選挙後の連携について話がついてるかもね。昨日の日本テレビ「ミヤネ屋」では、お先走って自公+希望の大連立について御用コメンテーターがぐちゃぐちゃ言ってたのも、ああやっぱりね、ってなもんです。新聞・TVは、三つ巴なんて煽ってるけど、今回の選挙は「自公・希望・維新VS立憲民主・市民連合」の二極化ということを忘れてはいけない。

 「くろねこの短語」10月 3日ー(前略)メディアは、自公VS希望+維新VS立憲民主+共産+社民の三つ巴って言い出してるんだが、ホントにそうかねえ。ぼったくりバーのチーママ・小池君は東京新聞のインタビューに答えて、改憲も安保法制も共謀罪も賛成ってのたまっている。つまり、政策上はペテン政権の対抗軸にはなりようがないんだね。どう考えたって、希望+維新は自民党の補完勢力でしかないわけで、そうなれば三つ巴じゃなくて、自公+希望+維新VS民主+共産+社民の二極化になるんじゃなかろうか。
 ペテン総理が解散を打たざるを得ないきっかけとなった森友・加計学園疑獄にしたって、維新のチンピラ知事・松井君は当事者のひとりでもありますからね。東京、大阪にそれぞれ対立候補を立てないという連携体制の希望+維新連合が選挙後に、森友・加計学園を追求するとはとても思えない。
 そもそも、チンピラ知事なんか、立憲民主党グループを「ポンコツ」呼ばわりしてますからね。こういう下衆な言葉を弄して公党の代表者が他党を貶めるってのは、恥ずべきことなんじゃないか。品性下劣も甚だしい。新聞・TVは、こうした発言に毅然とした態度で立ち向かうべきなんじゃなかろうか。
 それはともかく、チーママ小池君の政治の師匠と言われる細川の殿様がチクリと苦言を呈している。曰く、「同志として小池を手助けしたいと考えてきたが、排除の論理を振り回し、戸惑っている。公認するのに踏み絵を踏ませるというのはなんともこざかしいやり方で『寛容な保守』の看板が泣く」政治的理念はともかくとして、これが大人の意見ってもんでしょう。

 「くろねこの短語」10月 2日ー(前略)猪八戒・枝野君がリベラルをまとめて新党結成となれば、そうはいかない。野党共闘が一定程度の成果をあげることは参議院選挙でわかってますからね。そうなると、自民・公明・希望・維新による改憲翼賛体制の目論見に陰りが出てくることになる。それを阻止するためにも、新聞・TVに放ったペテン総理の草たちがいっせいに活躍し始めることでしょう。
 (略) だからこそ、新党結成は極めて重要な意味がある。こうなると、自由党のオザワンはどういう動きをしてくるだろう。湯上りの口先番長・前原君を小池新党との合流でそそのかしたのはオザワンだという噂があるけど、森ゆう子君のツイートではそれはガセだともされている。願わくば、新党+共産+社民+自由の野党4党がひとつになって、ドカーンと記者会見やって、世間をアッといわせるような華麗なパフォーマンスを披露してほしいのだが・・・。


前田ちひろさん

宮里ノボル氏

左から伊波洋一氏、糸数慶子さん/伊波洋一氏、あかみね政賢、糸数慶子さん


写真左ー国吉真太郎氏(翁長雄志後援会会長)/写真右ー真喜志好一氏、前田ちひろさん

 10月1日ーおもろまちの沖縄県立博物館・美術館近くでの「新基地・オスプレイ・9条改憲・消費税増税・疑惑かくしノー/赤嶺政賢事務所びらき」。大勢の人が参加。無理もない一区の新基地反対は、あかみね政賢だけだから。

 「くろねこの短語」10月 1日ー(前略)どっちに転んでもこの国の将来は暗いものになるだろう。
そうさせないためには、希望の党の踏み絵を蹴っ飛ばす連中がひとつにまとまって、野党共闘の原点に回帰して戦うことだ。「打倒安倍」を目的化するあまり、ペテン政権を倒したのはいいが、「独裁者気取り」の後に「女帝気取り」が権力の座についてしまったら、洒落になりませんからね。「リベラル派は排除する」ってチーママ小池君はほざいてるんだから、売られた喧嘩は買うしかないってことだ。そして、ペテン総理が解散に踏み込むきっかけとなった森友・加計学園疑獄に改めてフォーカスすべきだろう。「政権選択選挙」なんてことがいつのまにかクローズアップされているけど、それは森友・加計学園疑獄隠しの方便になっている気がしてならない今日この頃なのだ。


左ー下地候補のポスター/右ー『しんぶん赤旗』10月21日「新基地建設だんまり自民候補/一族の会社(国場組)が工事受注で巨利」


2017年10月18日~19日『琉球新報』『沖縄タイムス』、テレビなどで、高江の墜落ヘリの片づけも早々に演習再開の報道で、怒りが沸き起こる中で「あかみね政賢候補 街頭演説」。米軍の占領意識は自公の都合などは目に入らないらしい。


写真右ー左から高江洲義一氏、宮里政秋氏、古堅実吉氏

写真右ー嘉陽宗儀氏

2017年10月18日-沖縄県庁県民広場「あかみね政賢候補 街頭演説」

『しんぶん赤旗』10月19日「18日、あかみね政賢候補 街頭演説/志位委員長の街頭演説」


 『しんぶん赤旗』10月17日「総選挙でカジノ問うー自・公、希望、維新は推進で足並み/賭博依存国家反対なら共産党」


『しんぶん赤旗』2017年10月13日「(米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリコプター。オスプレイより事故率が高い)同型機 全国を飛行/事故の危険 広がる」/『しんぶん赤旗』日曜版 2017年10月15日号

 「T」10月12日ー高江の民有地に 着陸?炎上、これ不時着あるいは墜落というのではないか。予定通りの着陸なのか、それであればもっと異常だ。米軍事故になると、言葉が怪しくなるこの国の政府と言葉の管理者 NHK よ沖縄は日本語を知っているよ、沖縄の言葉は通じているか。幸いに米兵の命の被害はないようだが、そうそうに避難移動。民間消防隊も消火で頑張っているが、 ストロンチウム90の放射能汚染については政府も米軍も沈黙している


『しんぶん赤旗』「米軍ヘリ墜落・炎上」10月12日/関連ビラ「米軍ヘリ墜落許せない/北部訓練場は全面撤去を」

『琉球新報』10月12日ー沖縄県東村高江で米海兵隊のCH53大型ヘリコプターが炎上した11日、防衛省の中嶋浩一郎沖縄防衛局長は現場近くに駆け付けていた東村の伊集盛久村長らに謝罪すると共に、把握している情報を伝えた。関連→『沖縄タイムス』2016年7月21日ー東村の伊集盛久村長は20日、村高江周辺のヘリパッド建設について「北部訓練場過半が確実に返還されることで基地の整理・縮小につながる」と容認する姿勢を示し、「ヘリパッド工事は安全確保した上で進めていただきたい」と述べた。東村役場を同日訪ねた県議会与党会派15人に見解を示した。

 「くろねこの短語」10月 12日ー沖縄で米軍ヘリが墜落炎上。「この国を守り抜く」ってんなら、北朝鮮のミサイルなんかより、こっちの方をどうにかしやがれ。ところで、衆議院選挙の公示から2日だというのに、もう世論調査の結果が新聞・TVを賑わせている。それによれば、どの調査でも自公圧勝なんだとさ。へたすりゃ、自民単独で過半数なんてこともある勢いとか。しかしまあ、このタイミングでの世論調査ってのは、いつもそうだけどある種の世論操作だと思うけどねえ。(略)
  ペテン総理の代わりに選挙運動している私人の嫁は、「このまま主人に仕事を続けさせ、この国のために働かせてほしい」と第一声をあげたそうだが、総理大臣の名代のくせして「主人」なんて言葉を口にするとはどこまで常識はずれなんでしょう。こういう場合は、「安倍に・・・」って言うものだ。我が家のバケベソだって、そのくらいの常識はわきまえとりますよ。
 こんなんだから、何も考えずに籠池君に肩入れして、ドシ踏んじまったんだろうね。そのドジを言い繕うとしてペテン総理は、テレビ朝日「報道ステーション」の党首討論で、「詐欺を働く人物の作った学校で妻が名誉校長を引き受けたことはやっぱり問題があった。(籠池氏は)こういう人だから(妻は)騙されてしまったんだろう」ってぬかしたそうだ。だったら、何をどう騙されたのか、400字以内で説明してみろってんだ。こんな理屈にもならないたわ言を平気で口にする総理大臣にこの国をまかせていいのか・・・これを肝に銘じて選挙に行こう!!

『沖縄タイムス』10月11日-11日午後5時35分ごろ「東村高江の集落に米軍機が墜落したもよう」と、沖縄県の国頭(くにがみ)地区消防本部に119番通報があった。防衛関係者から県警に入った情報によると、米軍の大型輸送ヘリCH53が高江に墜落した。関連→2004年8月13日午後2時15分頃、アメリカ軍普天間基地所属の大型輸送ヘリコプターCH-53Dが訓練中にコントロールを失い、沖縄国際大学1号館北側に接触、墜落、炎上した。(wiki)

  「T」10月11日ーアホノミクスと安保オタク正体が見えてきたグリーンモンスター希望、スカーフの影には鎧が、辺野古推進を掲げる沖縄からするととてもとてもと言いたいが、それと一緒になりたいというものもいる、基地の島沖縄を200年も続けようというのか基地のために沖縄は経済発展於チャンスを失ってきたがまだそれを続けようというのか、うちなーんちゅの誇りを失っているものもいる世界のうちなーんちゅもがっかりだ。
 得体のしれない者を沖縄代表にしたらいけない、うやふぁーうじ、くゎうまがに合わせる顔がなくなる基地反対を言っていたのに政府に叱られて雁首並べてひるがえしたあのうちなーんちゅの誇りを投げ捨てた連中に沖縄の未来は託せるはずもない。今度の選択は、時代を画する沖縄の歴史の選択 本土では立憲主義政党が初めて統一したオール沖縄から学んだ連合、統一だ。これが日本の未来だ、沖縄から日本を変える、それだけに沖縄は絶対に安倍自公、まやかし希望、古い維新に負けてはなるまい




日本会議メンバー一覧/「みんなが知るべき情報」



→ウィンザー通信

2013-7 世相ジャパン
2013年07月06日『毎日JP』橋下徹大阪市長:「沖縄女性、慰安所で頑張った」 参院選遊説 /沖縄
 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は5日、県内から参院選比例代表に立候補している公認候補を支援するため来県した。橋下氏は応援演説で、米施政権下の県内で日本政府による米兵向け慰安所が設置されたとして「レイプを止めるために、沖縄県の女性が一生懸命になってやってくださった。感謝の念を表す」などと発言した。橋下氏は5月の米兵風俗利用発言を撤回し、米側に謝罪の意を示していたが「過去に女性を性の対象に利用していた、とアメリカに言いたい」と述べた。橋下氏は沖縄本島中南部の4カ所を遊説した。沖縄市の胡屋十字路では「米軍の沖縄占領時、日本の政府が真っ先に作ったのは、RAAという特殊慰安所協会だ」などと主張した。「女性の人権を蔑視していると言うが、沖縄の女性が特殊慰安所協会で一生懸命頑張ったことを全部無しにするのか」と持論を展開した。沖縄女性史研究家の宮城晴美氏によると、日本政府が米国占領下の県内で、慰安所を設置した事実は確認されていない。(琉球新報)

 「detail.chiebukuro」政権を投げ出した安倍晋三(別名:安倍壺三)と統一教会の関係について
安倍晋三は以前から統一協会に祝電を送り続けていた。2006年の官房長官時代、統一教会系の団体・天宙平和連合(UPF)の集会に祝電を 寄せた(保岡興治やその他の自民党議員も)ことが新聞・雑誌等で伝えられた。 この事実により、安倍氏は「北朝鮮と関わり合いが深く、統一協会とはグルで口先だけのエセ保守」 などとレッテル貼りをされ、一時期ネット上でも騒ぎになった。
 事実、安倍氏と父と祖父は統一教会及びその関連団体である国際勝共連合と関わりが深いと言われている。 2006年、官房長官時代に統一教会系列の団体・天宙平和連合の集会に祝電を寄せた件について安倍氏の事務所見解は 「私人としての立場で地元事務所から『官房長官』の肩書で祝電を送付したと報告を受けた。 誤解を招きかねない対応で、担当者に注意した」とのコメントを出した。



霊感商法被害対策(統一教会)に取り組んで来た「全国霊感商法被害者対策弁護士連絡会」が安倍氏に対し真意や今後の姿勢を問う「公開質問状」を送った事実がある。
安倍一族(安倍晋三氏の祖父と父)は統一教会との深いかかわりを持っていたようである。 さらに、祝電をだしたり公開質問状に回答したりしないことなどはその証左ともいえる。 安倍一族と統一教会との関係はあったが、安倍晋三氏との関係は不明ということだけ。 統一教会の合同結婚式に国会議員を招いた総理は大問題である。
 祝電を贈ったのは、安倍氏だけに止まらず、中曽根元首相、中川秀直・自民党政調会長、小坂憲次・文部科学大臣、江崎鐵磨・国土交通副大臣、長勢甚遠・内閣官房副長官、鈴木政二・内閣官房副長官、佐藤剛男・自民党国際局長、山崎拓・元自民党副総裁、保岡興治・元法務大臣、中曽根弘文・元文部大臣、田名部匡省・元農林水産大臣、船田元・元経済企画庁長官などの売国奴達であるのです。
 もともと統一教会は韓国の怪しい宗教で、「世界は韓国によって統一される(言語・政治なども含む)」「再臨したイエス=文鮮明(教祖)」という思想と、性的儀式をもった物でした。これが韓国の情報部(KCIA)と結びつき、反共を売り物に日本でも活動を拡げているわけですが・・・・ご存知合同結婚式や霊感商法などが問題になりました。(実はまだやめていません)
また北朝鮮のホテルの経営を任されていたり、北との関係も深まっているとのことです。
こういった集団なのですが、これが主に自民党などの権力者と結びついた背景は一言で言えば反共です。国際勝共連合(小池百合子<註1>も非常に関わりを持っています)という組織があるのですが、これが原理=統一教会と表裏一体の組織であり、日本では(ある意味不可解な)「韓国系」右翼団体であるわけで(韓国系であることは隠して反共を看板にしていますが)、この反共の一点で保守勢力と結びついています。
 註1ー小池百合子ー甲南女子高校卒業後に関西学院大学社会学部に入学するものの、父親の会社の都合で家族が東京・六本木に引っ越す。1971年9月に大学を中退して父親の貿易先でもあったエジプトへ留学。松浦良右(朝堂院大覚。1987年、尖閣列島に中国の民兵が漁船で上陸しようとした。松浦が指揮をとり、石原慎太郎、自民党・毛利松平、園田直官房長官と団結し、政治結社石門社代表・関二郎、沖縄旭琉会・羽地勲ら10人を尖閣列島へ上陸させ、戦後初となる大日章旗を掲げることに成功した。ウイキ)の資金援助で両親もカイロ市で日本食レストランを経営した。→ウィキ

 柳川 次郎(やながわ じろう、梁 元鍚(ヤン ウォンソク)、在日韓国人1923年-1991年12月12日)は、山口組全国制覇の切り込み隊長 柳川組(殺しの柳川)初代組長。通称:マテンの黒シャツ。日本IBF初代コミッショナー。ヤクザから完全に引退した後は亜細亜民族同盟を創立「ある面での」日韓の親善に尽力(二代目のS・I氏は飛び降り自殺で亜細亜民族同盟は現在、消滅)すると共に、日本IBF設立に関わりコミッショナーを務めた。1991年12月大阪で死去した。享年69(満68歳)。→ウィキペデア
null
写真ー左上が1976年『戦後民衆史 ― 人間記録』大島幸夫 毎日新聞記者のインタビューを受ける柳川次郎。左下が柳川次郎自宅。右上・猪野健治の2代目柳川組長・谷川康太郎。右下・大阪府警記念誌、柳川次郎の年賀状。

2017年 7月2日ー家の近くの泊高橋で「宮里ノボル」出発式ということで参加した。前島小学校の同期生の顔もあった。応援弁士の笠井亮参議院議員が下記の話題をリアルタイムに織り交ぜながら熱弁をふるっていた。


写真右ー笠井亮参議院議員と握手する宮里ノボル氏

『産経』7月1日ー東京都議選(2日投開票)の選挙戦最終日の1日、東京都千代田区の秋葉原駅前で自民党の候補者が演説中、安倍晋三首相の退陣を求めるグループが突如、大声で「安倍、やめろ!」コールを始め、警察官ともみ合いになるなど、周囲は一時騒然となった。現場には学校法人「森友学園」の籠池泰典前理事長も姿を見せた。

「情報速報ドットコム」

 「くろねこの短語」7月1日ー(前略)おそらく、この裁判は長期かするんだろうが、果たして司法は歴史の検証に耐えられる判決を出すことができるだろうか。「15メートル津波08年に認識」検察役 「長期予測信頼性ない」弁護側 福島事故 東電元会長ら無罪主張 (略)無責任振りに関して東電3悪人に勝るとも劣らないのが、網タイツの防衛大臣・稲田君だ。「防衛省・自衛隊、防衛大臣、自民党としてお願いします」発言に対する釈明会見開いたのはよかったが、「それは誤解です」を連発したあげく、記者から「どこが誤解なんだ」と突っ込まれて立ち往生。たまに見せる「まったく。朋ちゃん悪くないもん」とでも言いたげな表情からは、反省なんかサラサラしてません。それどころか、自分の発言のどこがどう問題なのか、それすらも分かっていなようなんだね。こんなのが、「保守の論客」とか「次期総理」とかヨイショされてたのかと思うと、鳥肌立つような悪寒に襲われる、ってなもんです。 (略)最後に、不正献金疑惑の下村君の嫁が、自身のfacebookから加計学園関連の投稿を削除したってね。都議選が終わった週明けには、加計学園疑獄は大きく動く可能性があるから、いまのうちに証拠隠滅ってわけですか。これまでさんざん夫婦揃って美味しい思いしてきたんだから、今度は夫婦揃って臭い飯食っていただきたいものだ。

 「ディリー新潮」2017年7月20日ー疑惑の渦中にある加計学園の加計孝太郎理事長(66)はマスコミの追跡を逃れ、行方をくらました。しかし、本誌(「週刊新潮」)はついにその姿を発見。20歳近く年下の妻とスーパーでスイカなどを買い求め、優雅な夏の一日を送っていたのだ。
 『琉球新報』7月19日ー名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブでの新基地建設工事から暴力団を排除しようと、建設工事を請け負う大成建設や五洋建設など工事業者、沖縄防衛局、県警は19日、名護市大東の名護出雲殿で「シュワブ関連工事暴力団等排除協議会」(中原幸太郎会長)の設立総会と発足式を開いた。発足式には関係者45人が出席した。大成建設作業所長の中原会長は「暴力団など反社会勢力の排除にしっかり取り組んでいかないといけない。シュワブ工事は常に緊張感を持ちながら、県警をはじめとした関係機関にサポートしていただく・・・□ひょっとして暴力団とは自然破壊に抗議する人たちのことか。ヤクザならヤクザと正確に使おう。

  「くろねこの短語」7月18日-(前略)「学校ビジネス」には政治家や官僚との人脈づくりも重要なポイントだ。これもまた加計学園系列であるところの成田市の国際医療福祉大学医学部新設にまつわる官僚の天下りなんかその典型です。さらに凄いのは、マスコミからもかなりの天下りがあることなんだね。そう考えれば、昨日のブログで紹介した「萩生田が加計から月125万円の給料貰っていた」という話も、あながち噂と言い切れないものがある。というか、それこそが実体なのだろう。
 集中審査を実りあるものにするには、やはりペテン総理の「ばくしんの友」じゃなかった「腹心の友」である加計孝太郎君にも出席してもらわないことには話しになりません。主犯のひとりが集中審査に欠席となれば、それこそ画竜点睛を欠くというものです。さらに言えば、往生際における身の処し方にそのひとの器量が現れる。理事長、出てこいや!!

 「くろねこの短語」7月9日ー(前略)近頃は世襲の政治屋が増えたこともあって、「ほとほりが冷める」まで待てないバかボンがいたりする。その典型が、ペテン総理だ。で、またやってくれました。なんと、「腹心の友」の運営する加計学園疑獄で紛糾している最中だってのに、これまた「男たちの悪巧み」((C)安倍昭恵)のひとりである住友銀行の元副頭取の高橋なんたらってのを、金融庁参与に抜擢したってんだから、久しぶりにKYなんて言葉が頭をよぎっちまった。いまの時期だからこそ、こういう人事ってのは避けるべきだろうに、どこまで行っても国民を舐めてるんだろうね。もっとも、空気が読めるようだったら、そもそもからして加計学園の獣医学部新設なんて案件に力を貸してはいないか。



null
2017年7月11日 那覇市民ギャラリー「第35回 沖縄平和美術展 核も基地もないみどりの沖縄を!」

 「くろねこの短語」7月6日ー(前略)閉会中審査の白眉は、なんといっても元文部官僚で前愛知県知事の加戸君だろう。なんとまあ、「加計学園が、たまたま愛媛県会議員の今治選出の議員と加計学園の事務局長がお友達であったから、この話がつながれてきて飛びつきました。これもだめなんでしょうか」だとさ。さすがに場内騒然となったんなだが、加計学園ありきをゲロっちゃったようなもんなんだね。この発言が今朝の新聞・TVではあまりクローズアップされてないのがとても不思議だ。これこそ、閉会中審査の成果じゃないのか。

 「くろねこの短語」2017年7月9日ー核兵器禁止条約が採択されたというのに、唯一の被爆国である日本は議論にも参加せず、もちろん条約への署名も拒否。アメリカの核の傘に与っているから宗主国様の顔色を窺ったのがその理由のひとつとされているけど、ホントかなあ。改憲して核武装てきる環境が整った時のことを考えて、条約への参加を拒否したってことはないだろうか。核武装こそ、ペテン政権の究極の目的のような気がするんだが・・・。ところで、ペテン総理と私人の嫁はG20で外遊中なんだが、各国首脳夫妻が勢揃いしたスナップに、なんと二人の姿が見えないってんで大騒ぎ。招待されなかったんじゃないか、ペテン総理のお原の具合が悪かったらしい、二人揃って遊び呆けているみたいだ・・・なんて憶測がネットを駆け巡っいる。果たして、真相やいかに。(略)・田中龍作ジャーナル 加計理事長への公開質問状 「水増し請求は政治家へのキックバック」 これって、森友学園疑獄における「用地の土壌改良費を国に水増し請求した疑惑」とまったく同じ構図なんだね。ようするに、森友学園も加計学園も、絵図を描いたのは同じ犯罪集団ってことじゃないのか。なんてったって、どちらも稀代のバカップルが関与しているわけだし、ようするに状況証拠はすべてこの二人を差してるんだよね。このあたりも、明日の閉会中審査で掘り下げてほしいんだが、なんてったって主犯のペテン総理が九州豪雨そっちのけで外遊中ですからね。


『しんぶん赤旗』2017年7月8日「普天間返還”辺野古では足りない〟」


→Kazumoto Iguchi's blog
 「BEST TIMES」7月6日ー(前略) 適菜収 きちんと物事を見ている人には、わかるのでしょう。結局、「大阪都構想」なるものは、二重行政がどうしたとか、「教育費を5倍にした」といったデマを流して、政令指定都市である大阪市を解体しようとした詐欺事件にすぎません。
藤井聡 そうです。仰るような卑怯な手口で、大阪の自治自体を破壊しようとしたんですから。そうなれば、大阪の街はさらに衰退して、多くの人が不幸になって、中には会社の倒産や首をくくらなきゃならない人もたくさんでてくるかもしれない。政治というのは、本当に恐ろしいものです。単なるゲームや遊びで戦ったんじゃない。

 「くろねこの短語」7月6日ー九州の台風被害が凄いことになっている。外国にばら撒いた税金を、こうした自然災害による被害に振り向ければ、被災地の復旧・復興も容易に進むだろうに・・・。(略)ぼったくりバーのチーママ・小池君が「安倍政権との連携は必要」と口にし出したのも、そうした「改憲」への動きを察知してのことなのかもね。なんてったって、チーママは現行憲法破棄論者ですから。都議選惨敗後もペテン総理が「改憲」にこだわり続けているは、チーママ(=都民ファーストの会)との親和性があればこそなのだろう。

[街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋]7月4日ー全知られていない人物であるから、ググってみたら、出る出る、スキャンダルの山、横領で告訴されている最中で、高級クラブ豪遊をすっぱ抜かれ遊び金の出所を詮索されている、やくざ顔負けの風貌の人物である。


 『週刊ポスト』7-21・28号ー(前略)織田は在日韓国人3世(本名は金禎紀)であり、ネットなどには「なぜ在日が日本の治安向上に努力などと言い出すのか」といった声もアップされている。暴力団業界に在日が多いのは事実である。現在、暴対法に基づく「指定暴力団」は22団体を数えるが、そのうち代表者が在日である組織は5団体に及ぶ。約23%。総人口に占める在日韓国・朝鮮人の割合は2%以下とされるから、10倍以上の密度である。もともとヤクザ組織は一般企業や役所に就職できず、「ヤクザにしかなれない」人の生計の途といった側面があり、伝統的に在日韓国・朝鮮人や被差別部落出身者を排除しない。過去にも柳川組・柳川次郎こと梁元錫や、東声会・町井久之こと鄭建永など、一世を風靡した在日ヤクザは多い。

 「くろねこの短語」2017月14日ー加計学園疑獄をめぐる予算委員会での集中審議を拒否していた自民党が、突然開催に応じることになったそうだ。ペテン総理と電話で協議した結果、集中審議を受け入れることになったってのがその理由だそうで、なんのことはない最初は拒否しておいてペテン総理の決断で集中審議開催に至ったというポーズを見せたかっただけなんだね。内閣支持率が危険水域まで下がってきているいま、さすがに集中審議を突っぱねて逃げ切ることは困難というのが正しいところで、相当に追い込まれたうえでのことなのは間違いない。(略) 集中審議入りが決定した夜に、ペテン総理は鮨友集めて鳩首会議。紀尾井町の高級和食で、曽我豪・朝日新聞編集委員、山田孝男・毎日新聞特別編集委員、小田尚・読売新聞グループ本社論説主幹、石川一郎・BSジャパン社長、島田敏男・NHK解説副委員長、粕谷賢之・日本テレビ報道解説委員長、田崎史郎・時事通信特別解説委員の取り巻きとなにやら悪巧みしたようだ。それにしても、この期に及んでもペテン総理と酒食を共にするってのは、こやつらもまた国民を舐めてるんだね。それぞれの新聞社、通信社、テレビ局は、こうした政権の広報マンをいつまでほったらかしにするつもりなんだろう。これじゃあ、新聞もTVも信用されなくなるわけで、結局は自分で自分の首を締めてるんだね。(略)さあ、今日からの新聞・TVは、どんなフェイクニュースを仕掛けてくるか。しっかりと検証させてもらおうじゃないの。最後に、労働貴族の連合が、「残業代ゼロ」制度を受け入れるってね。ペテン総理と連合会長がボス交しての結果だそうで、ま、大企業の利益代表みたいな連合なんかもう消えてなくなれ、ってなもんです。

 「ディリー新潮」7月14日ー総理ベッタリ記者こと、TBSの元ワシントン支局長・山口敬之氏(51)の準強姦疑惑に関し、被害者の詩織さんが検察審査会に申し立てをしたのは5月末のことだった。準強姦の逮捕状を握り潰した警視庁の前刑事部長、現・警察庁組織犯罪対策部長の中村格(いたる)氏の“人事の夏”について、「警察庁の総括審議官への就任が確実視されています」と社会部デスクは語る。
 手登根安則氏は浦添市屋富祖にあるタクシー会社の常務取締役を務めている。県立那覇西高校のPTA会長をしていた2012年には、同校で取り組まれている「0校時」(勤務外の課外講座)の報酬が高すぎると批判し、県内マスメディアでも話題となった。2009年には浦添市会議員選挙にも立候補している。
 結果は最下位落選となっているが、元もと政治には強い関心があったわけだ。現在、手登根氏は毎週金曜日の早朝に普天間基地大山ゲートにやって来て、ハートクリーンプロジェクト(HCP)と称し、米軍に感謝する行動を取り組んでいる。MV22オスプレイの強行配備に反対するため、2年前の9月末から米軍への抗議行動を続けている「命どぅ宝・さらばんじぬ会」の活動に対抗してのものだ。