8月30日ー沖映通りのジュンク堂で東洋経済新報社『2019年版・業界地図』を買い、平和通りの古美術なるみ堂によると、京一郎氏からの『沖縄県宅地建物取引業協会ー創立50周年記念誌』を渡された。あまりこの業界の沖縄に関して歴史的に見たことがないので、この記念誌を参考に調べてみる。

 奈良原繁ー明治11(1878)年,内務省御用掛,その後,内務権大書記官,農商務大書記官,静岡県令,工部大書記官,日本鉄道会社初代社長,元老院議官,貴族院勅選議員,宮中顧問官,錦鶏間祗候などを歴任。1825年7月に沖縄県知事に任命され,以後41年4月まで,15年10カ月にわたり沖縄県政を独占した。松方正義,伊藤博文の支持もあった。奈良原は,あらゆる面で急速に沖縄地方の本土化即ち一体化を推進し,教育(皇民化),土地整理,港湾施設の整備の3大事業を重点施政として,沖縄開発を専制的に推し進めた。新聞の果たす役割も認識し,『琉球新報』の発行にも協力,産業振興のための沖縄県農工銀行設立も支援した。奈良原は土地整理事業によって土地私有制の確立を図り,共同体農村社会を解体にもちこみ,共同体総有の山林(杣山,入会地)を士族救済名目で払い下げたり,農民の利益を無視した県政を強引にすすめた。県庁人事も鹿児島閥を中心として,本土出身者で占められた。このような奈良原県政への最初の批判者となったのが国政参加を主張した謝花昇であった。(我部政男)/明治32年 沖縄県土地整理法が制定され、地籍整備と土地整理事業が開始された。 事業は島嶼部を含め、明治36年には完了、内地と同様の租税制度に改まると同時、土地の所有も認められる事となった。

土地整理の測量風景/男爵奈良原繁君之銅像並改組記念碑 (絵葉書)


1898年(明治31)12月ー『日本全国商工人名録』「沖縄県 琉球國(那覇区及首里区)」
琉球國那覇区及首里区商工人名
紺絣製造 
伊波奥表ー泊、知念嘉道ー泊、渡口まつるー西、永田新太郎ー西、國吉眞輔ー泊、國吉眞福ー泊、國吉眞喜ー泊、小禄朝亮ー首里区眞和志
反布商
糸満盛訓ー西、井ノ口政次郎ー東、新名助次郎ー西、与世田昌快ー西、与儀幸包ー西、仲村カレ致嘉ー西、松堂恵英ー西  
米穀商
飛岡吉太郎ー西、友寄喜信ー西、大峰柳吉ー西、大坪岩次郎ー西、海江田丑之助ー西、中馬辰次郎ー西、矢野治右衛門ー西、児玉利吉ー西、小牧籐助ー西、鮫島武八郎ー西
漆器製造販売
琉球若狭組漆工所ー若狭町、米田惣四郎ー西、米次源吉ー西
海産物商・古賀辰四郎ー西
沖縄県銀行会社 
銀行第百四十七銀行沖縄支店ー那覇区東
会社・沖縄開運株式会社(肥後孫佐衛門)ー那覇区西、廣運社(護得久朝惟社長)ー那覇区西、八重山鉱業合資会社(大峰柳吉社長)
新聞社・琉球新報社(大田朝敷社長)
工場・小嶺合資漆工所ー那覇区西