1903年ー大阪で開催された第五回内国勧業博覧会美術館に出品したもの

null
1912年2月ー太平洋画会の吉田博、石川寅治、中川八郎と丹青協会/左端が比嘉崋山


写真・中央が比嘉華山





沖縄県献上衝立図(絵葉書)/上の原画
1928年11月ー昭和天皇御大典献上の螺鈿大衝立の原画(那覇港図・中山門)は比嘉華山、製作は友寄英茂とその弟子たち、衝立の木地製作は宮大工の玉城サンルー(その息子政康は戦後の守礼門復元に関わった)。沖縄県工業指導所で製作した。□1988年6月29日『琉球新報』に「黎明館の『漆絵螺鈿衝立』」が報じられ製作年代は不明とあった。新城栄徳はすぐ比嘉華山の作品と解釈、その旨を岡田新報記者に連絡。1988年7月5日の記事「製作は昭和3年ー鹿児島の琉球『螺鈿大衝立』」となり、序でに比嘉華山の顔写真も紹介した。





鹿児島で沖縄物産を扱う息子のために書いた絵



null





辻/兼城昌興
nullnull


1912年2月ー太平洋画会の吉田博、石川寅治、中川八郎と丹青協会ー左端が比嘉崋山、右へ一人おいて兼城昌興






null
2014年1月28日 沖縄県立博物館・美術館